top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

瀬戸大也、不倫騒動での契約解除にANA社員が「正直ホッとしてます…」

SmartFLASH

 

 競泳男子の東京五輪代表の瀬戸大也(26)の不倫が報じられて約1カ月後に、妻で飛び込み元日本代表の馬淵優佳(25)が、健康器具のアンバサダーに就任したことが発表された。馬淵に近い芸能事務所の関係者が、その内幕を語る。

 

 

「ぶっちゃけ、馬淵さんが夫に三行半を突きつけたということですよ。彼女はうちの事務所に所属している女性アスリートとも交流があり、今後の活動について相談しています。

広告の後にも続きます

 

 なんでも、かつて宮崎謙介元衆議院議員の “ゲス不倫” で自身も選挙で落選した、金子恵美元衆議院議員を参考にしているそう。苦難を乗り越えてテレビで活躍している姿が、自分とダブっているようです」

 

 いまや世間の同情を集めていることもあって、彼女の “独り立ち” に障害はなさそうだ。先の芸能事務所関係者が続ける。

 

「すでに、所属する芸能事務所も決まっているという話です。馬淵さんは聡明な方なので、スポーツ関係ばかりでなく、今回の経験を生かしてのオファーもあると思います。

 

 彼女は現役を引退して、アスリートフードマイスターの資格を習得し、食生活をサポートするなど、献身的に夫を支えてきました。それを裏切られたわけですからね。すでに、プロフィール用の宣材写真なども撮影済みだそうです」

 

 一方で、瀬戸の不倫騒動に複雑な胸の内を明かすのは、所属契約を結んでいたANAの広告の宣伝担当者。

 

「我が社としては、とても残念ですが……しかし、うちの今の厳しい状況を鑑みると、正直に言えばホッとしてます」

 

 不倫騒動後に瀬戸との契約を解除した全日空だが、新型コロナウイルスの影響で、今期は5300億円前後の巨額赤字を出す見通し。仮に瀬戸がこのまま所属していれば、来年の東京五輪開催に向けて、瀬戸関連で10億円超の出費が予想されたという。

 

「瀬戸選手本人への報酬のほか、広告物の制作や練習環境への投資、遠征の費用などです。瀬戸選手が活躍すれば活躍するほど、出費はかさむ予定でした。最悪のシナリオとして、五輪が来年も中止になったら、すべてが水泡に帰すリスクもありました。

 

 開催が危ぶまれるなか、うちとしては、瀬戸選手のスキャンダル発覚による契約解除は、ある意味 “タイミングがよかった” と言うべきなんでしょうか……。これから人員も含めたリストラもおこなわれる予定ですし、瀬戸選手との高額な契約料が経営の足を引っ張る可能性は、十分にあったと思います」

 

 日本水連から年内活動停止の処分を受けた瀬戸。日の丸を背負って、再び “飛び立つ” ことができるのか−−。信頼回復への道のりは厳しい。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル