top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

『ミヤネ屋』4代目MC・澤口実歩アナ、宮根誠司の質問に困惑…「水卜アナと三田アナならどっちが…?」

テレビドガッチ


10月26日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系、毎週月曜21:00~)は、「令和の高学歴美女は本当に幸せなのか?」をテーマに、『情報ライブ ミヤネ屋』の4代目MCを務める読売テレビアナウンサー・澤口実歩に初密着。インターネット上では「共感できる」「好感持った」といった反響が上がった。

芸能人や裏方で輝く人たちにスポットを当て、彼らの「深イイ話」をVTRで見守る同番組。司会の羽鳥慎一、SPコメンテーターの今田耕司のほか、福田充徳(チュートリアル)、博多大吉、谷まりあ、トリンドル玲奈がゲスト出演した。

初密着のプレッシャーから吹き出物ができたという澤田アナ。午前8時に局入りし、向かった先は報道フロアで、『ミヤネ屋』で使用する60~70枚あるフリップを原稿化する作業を行う。尊敬するアナウンサーは、日本テレビの水卜麻美アナで、学生時代にサポートした同局の『24時間テレビ』で、水卜アナのとったCM中のある言動に「なんて素敵な人だろうと思った」と感動したと話す。

澤口アナが生放送終わりに必ず行うのが、番組を1.5倍速で見直すこと。そして反省点を見つけたら、同じ失敗を繰り返さないために“反省ノート”に気付いた点を書き綴る。共演する宮根誠司は、澤口アナを「3年目にしては優秀」と高評価。澤口アナを試すかのように、「羽鳥くんと安住(紳一郎)くん、どっちが好き? どっちを目標にする?」「水卜かフジテレビの三田(友梨佳)アナなら?」といった質問を投げかけた。

また、唯一の楽しみは薄暗い焼き鳥屋でひとり晩酌することだ。「スタジオもそうなんですけど、白い明るい光をずっと浴びているわけですよね。早く暗いところに入りたいって思ってて……」とコメント。一人飲みは人と話さなくていいので楽だと言い、「焼き鳥は裏切らないです。私のことは嫌いにならない」と、ネガティブでジメジメとした一面を見せる。

わりと気持ちの切り替えが苦手で、ミスを引きずってしまう傾向があるのか、密着中に「どうしてもあやまりたいことがある」と向かったのは、アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)の元だった。澤口が「生放送で2人の名前を言い間違えてしまい、本当にその瞬間から生放送一切集中できなくなって……」と伝えると、「え?」と仰天する2人。続けて、「だから『24時間テレビ』のフィナーレを覚えていないんですよ。その夜もずっと家で泣いていて……」と深い落ち込みようだったと話すと、稲田が「ダサッ」「弱っ」と笑い飛ばした。

ネット上では、「共感できる部分が多い。仲良くなれそうな気がする(笑)」「澤口アナ、応援しよう」「澤口実歩アナ相当好感持った」「焼き鳥は裏切らない、分かるわぁ」「ジメ子さん可愛いな」といったコメントが寄せられた。

次回は11月2日に放送される。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル