top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ドラマ『共演NG』で競合のKIRINとSUNTORYがまさかの共演!視聴者「最後の最後まで粋な演出」

テレビドガッチ


中井貴一と鈴木京香が出演する連続ドラマ『共演NG』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)の第1話が、10月26日に放送。インターネット上では、かつてないドラマのスタートに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は「もしも弱小テレビ局の社運をかけた大型連続ドラマで25年前に破局した“共演NG”の大物俳優が共演することになったら」をテーマに、25年間共演NGだった元恋人同士の大物俳優がなぜか共演してしまうことによって起こる騒動を描いたラブコメディ。企画・原作を秋元康、脚本・監督を大根仁が務める。

過去には「結婚したい男」No.1を3年連続で獲得したが、現在はその勢いもなく、スペシャルドラマで「たまに見る人」ほどの認知度である遠山英二(中井)と、「上司にしたい女優」No.1で、ドラマ・映画・CMで活躍する大園瞳(鈴木)が、テレビ東洋の大型連続ドラマ『殺したいほど愛してる』で共演を果たすことになった。じつはこの2人、昔は恋仲だった。しかし、英二が年下のアイドルと二股をかけて結婚。瞳は涙の破局会見まで開き、現在も独身。英二はその会見のおかげで業界から干されてしまう形に。それから、25年間一度も会っていなかった。

記者会見の日。いがみあう2人は、相手よりもあえて遅刻して会場入りしようと画策する。英二と瞳の会場入りをおさえようと多くの取材陣がスタンバイしており、一度は慌てる2人。車内で暴れた結果、お互いが乗った車が接触してしまう。意を決して車を降りた英二と瞳は、大勢のカメラを前にして「久しぶり」「25年ぶりね」とハグをかわした。しかしこれは演技で、別れると「クソヤロー!」と相手を罵り合った。

いざ会見が始まったものの、記者・中川(橋本じゅん)の意地悪な質問をきっかけに、“車を当てた”“車を当てられた”といったピリピリムードに。さらにドラマに対して意見の食い違いが起こり、不穏な空気が流れる。質疑応答では、とうとう破局についての質問が飛び出し、25年前の瞳の破局会見の映像が流れだす。じつはこれは、脚本を務めるショーランナーの市原龍(斎藤工)の仕業。会見の模様はネット上で生中継されており、ドラマをバズらせるため、PR担当で市原の秘書的存在である与謝野・M・リリカ(瀧内公美)が裏で糸を引いていたのだった。

ネット上では「なにこのドラマめっちゃわくわくする」「中井貴一さんも鈴木京香さんも大好きだし、永久保存版のドラマになりそうな予感がします」といったコメントが。

また、提供でも遊びを発見した視聴者も多くいたようで、競合のはずのKIRINとSUNTORYをあえて並べ「この番組はどうにか共演OKになったKIRINとSUNTORYの提供で……」とナレーション。こちらについても「CMまで共演NGwww」「最後の最後まで粋な演出」といった声があった。

次回第2話は11月2日に放送。さまざまな共演NGキャストが集結した『殺したいほど愛してる』の本読みが始まる……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル