top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

顔相鑑定(74):柴咲コウは超大人顔 『35歳の少女』の成長をどう演じる?

fumumu

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は今月からスタートした土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)に主演している女優の柴咲コウさん。

1995年と2020年を舞台に「不慮の事故による長い眠りから25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった」というストーリーで、柴咲コウさんは心が10歳だが体は“35歳の少女”今村望美を演じています。


■典型的なカッコいい系の顔 (写真提供:JP News)

私が講演で「美人顔」について説明する時は、典型的なかわいい系の顔は幼型顔(鼻が小さくて丸くて子供っぽい印象の顔)の宮崎あおいさんを例に出し、典型的なカッコいい系の顔は柴咲コウさんを例に出して解説しています。

講演の度に「そういえば最近、柴崎コウさん見ないな」と思っていたのですが、『35歳の少女』は2015年放送の『〇〇妻(まるまるづま)』以来、なんと5年ぶりの民放連続ドラマ主演でした。

「典型的なカッコいい系の顔」のポイントは、立体的であることと直線的であること。どちらも男女で分類すると男性の顔に多い特徴で、西洋東洋で分類すると西洋人に多い顔の特徴です。


関連記事:顔相鑑定㊱:前田敦子、ストイックな絶対センターから「伝説のお母さん」の顔に?

■自我が強い性格

柴咲さんは、眉も鼻も口も直線的ですが、なかでも特徴的なのは、まっすぐに上がった濃い直線眉です。この顔相は肝が据わっていて何事にも動じない強さがあり、積極性に優れた特徴があります。

周囲がアッと驚く大胆な行動をとることも多く、眉も目も上がっているので信念が強く頑固なところがあります。かなり勝ち気で自我が強い性格と言えるでしょう。

2016年にエンタメ・コマース事業の会社を設立してCEOに就任し、今年4月からは自身の芸能活動のマネジメントもその会社でおこなうようになったのは、お顔からは当然の流れと言えます。

■大人顔の要素が多い

「立体的」で「直線的」な顔は、大人子供で分類すると大人に多い顔でもありますが、パーツの配置も「上型」で「大人顔」の要素がとてもあります。

額を出した髪型だと、パーツの配置は「平均型」か、若干「内型」に見えていたのですが、『35歳の少女』の前髪を目の上まで下ろした髪型だと、目がかなり高い位置にあり、目と口の距離がとてもあるのがわかりました。

一般的に前髪を下ろすとパーツの配置が「下型」に見えて幼い・かわいい印象になります。しかし柴咲コウさんは逆に、より大人っぽい「上型」に見える結果になっています。


■顔と声のギャップ

『35歳の少女』の視聴者からは「声まで10歳」と驚きの声が上がっていますが、柴咲コウさんの「超大人顔」によって、よりギャップが増しているのでしょう。

ドラマのストーリーは「すべてが変わってしまった世界に戸惑いながら未来を生きる、主人公の“時をこえた”成長物語」ですが、柴咲さんが心の成長を声や顔の変化でどう演じるのかに注目しています。

★最新情報や写真鑑定のお申込みは「顔相鑑定士 池袋絵意知公式サイト 」をごらんください。

(文/fumumu編集部・池袋絵意知

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル