top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「感無量です…」元K-1戦士・角田信朗の歌がスポーツ選手「入場曲」に引っ張りだこ

SmartFLASH

K-1選手時代に、『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)で歌を披露したことが契機となり、歌手の仕事が増えていったという角田。野太くも艶っぽい独特の歌声は、男が聞いても惚れる!(取材協力・ビッグエコー品川港南口駅前店)

 

 9月27日におこなわれた総合格闘技イベント『RIZIN.24』。“神童” 那須川天心と、K-1からRIZINに移籍した皇治のメインイベントが注目された同大会は、地上波(フジテレビ系)でも放送されるなど、注目度の高い興行となった。そのセミファイナル、朝倉海と昇侍の一戦では、試合のほかにも意外なものが話題を呼んだ。それは、昇侍の入場シーンだ。

 

 

広告の後にも続きます

「漢 漢 漢が 燃える」という野太い声で始まる、なんとも男がたぎる勇壮な曲に乗り、般若の面を被って入場してきた昇侍の姿に、格闘技ファンは即座に反応。

 

 曲を知っている人も知らない人も、「鬼カッコいい」「今まで見たRIZINの入場でいちばん」「この入場で一気に心持ってかれて、(昇侍を)応援してた」「日本男児って感じ!」と、大会後はネット上でもプチバズり状態に。試合を制した朝倉海も、75万人の登録者数を誇る自身のYoutubeチャンネルで、昇侍の入場を「かっこよかったよね。あれズルいよねw」と発言したほどだった。

 

 絶賛された昇侍の入場曲のタイトルは、『よっしゃあ漢唄(おとこうた)』(2008年リリース)。じつはこの曲、人気のパチンコ『花の慶次~斬』のテーマ曲なのだが、歌っているのはなんと、かつてK-1選手としても活躍した空手家・角田信朗(59)だ。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル