top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

DaiGo、殺害予告受けるも余裕の表情で「殺害予告をするような人の心理状況」を解説

yutura

さらに、こういった事件でよく矢面に立たされる「サイコパス」について、これには社会的に役に立つ・役に立たない2種類があるとします。
役に立つサイコパスには社長・弁護士・芸能人など比較的収入の高い層が属していると話した上で、「殺害予告をするような」役に立たないサイコパスについては

ただ単に目先の誘惑に弱くて衝動性が高いやつ。簡単に言うと、一生成功しないやつ
(中略)目の前の欲望をどれくらい抑えられるかで将来の成功とかが決まるので、まあ成功しない人が多いでしょうね。

と、海外の研究結果をもとに辛辣に説明しました。

メンタルを安定させ、警察に相談

DaiGoは殺害予告に限らず、誹謗中傷や嫌がらせを受けたときの対処法を伝授。

奴らに対する、そういう頭の悪い人たちに対する「最高の復讐方法」っていうのは、自分のメンタルを安定させることです。
だからまずは皆さんもやられた場合は、(中略)メンタルを安定させることが第一の部分です

広告の後にも続きます

として、瞑想や筆記開示(思っていることを紙に書き出すこと)・運動など、その方法をいくつか紹介。
加えてDaiGoは「刑事事件の場合は無料で戦えます」と説明し、臆せず警察に相談してほしいと話しました。

皆さん警察に行くっていうのになかなか抵抗もあるかもしれないんですけれども、刑事事件の場合はラッキーですよ。(中略)民事だとお金を自分を出さなきゃいけないけど、刑事だったら警察がやってくれるんで。

「予告した人、終わったな」

ツイッターでは

師匠は「いや~こわいですね」って言いいながら、すでに各方面と相談連携とって、特定した後を考えてワクワクしているのだろうな…。

これはつまり、サ ツ ガ イ 予告をした人の人生が終わるカウントダウンになる訳ですね

予告した人、終わったな

と、視聴者はDaiGoが殺害予告を受けたことをむしろ楽しんでいることに着目しているようです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル