top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

DaiGo、殺害予告受けるも余裕の表情で「殺害予告をするような人の心理状況」を解説

yutura

2020年10月20日、「メンタリストDaiGo」(登録者226万人)が「サ ツ ガ イ 予告が来ました【ガチ】」というタイトルで生配信を実施。
何者かから殺害予告を受けたと明かしました。

殺害予告されるも、意に介さず

DaiGoは最初に

今回はですね、“釣り”ではなくて、リアルに殺害予告を受けました
(中略)
どうやって殺すかとか、場所がどこかとか、そういうところまで指定してくるって、なかなか手の込んだものをしてきまして。

と告白。
「いつか来るだろうなぁ」とは思っていたそうですが、とうとうその日がやってきたようです。

しかしDaiGoは、この予告を意に介していないそう。
DaiGoのいる部屋に入る前には5〜6重のセキュリティを突破しないといけなかったり、外食も会員制の店にしか行かない、遠方に移動するのも「別に新幹線に乗らないでヘリとか移動すればいいわけだから」と話し、「僕とそもそも触れること自体が難しい」と説明。

広告の後にも続きます

後日警察に連絡するのは「もちろん」だとして、今回DaiGoは「殺害予告をするような人の心理状況」について解説をおこないました。

殺害予告をするような人は「一生成功しないやつ」

まず前提として、DaiGoは

基本的には誹謗中傷も殺害予告もそうですけど、本気でやろうとしてる人はいません、ほとんどの場合はね

もしやるんだったら、黙ってやりますもん

と説明。
本当に殺したいというよりは、正攻法では「相手にしてもらえないから」、相手の嫌がることをして注目を自分に向けるのが目的だと話しました。
DaiGoは、そういった「ヤバいやつら」は、ネット上で全体の0.47%しかいない“超マイノリティ底辺アンチ”だと説明。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル