top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広島・アドゥワ誠 成長曲線を描く/生き残りにかける

週刊ベースボールONLINE


2年目の一軍デビューを目指すアドゥワ


 高卒2年目右腕のアドゥワ誠が、一軍抜てきされた春季キャンプでアピールを続けた。

 序盤のフリー打撃登板などでは制球が安定しなかったが、そこから急激な成長曲線を描いてきた。

 紅白戦を含む実戦でもまずまずの内容を示し、進化を証明したのは2月26日のシート打撃登板だった。2イニング、打者6人を封じる完全投球。丸佳浩、鈴木誠也といった主力を抑え込んだ。

「変化する球が効果的で球数も少なくいけた。手応えはあります」と納得の表情。

 畝龍実投手コーチは「評価できるね。長いイニング、短いイニング、いろんなところで使える」と期待をかけており、一気に開幕一軍への可能性が開けてきた。

 父がナイジェリア人で、196センチの長身。昨年は一軍での登板はなく、ファームでも防御率10.36ながら、シーズン終盤に好調で秋季キャンプのメンバーに選出された。

 今季から右打者相手にも投げ始めたチェンジアップと、ナチュラルに動く直球が武器。変化の理由は本人も「分からないです」と苦笑いだが、バットの芯を外す投球につながっている。

 キャンプ最終日には緒方孝市監督から名前を呼ばれ、高橋昂也らとともに「監督賞」を手渡された。

「期待を込めてもらったのだと思う。キャンプではいいところも悪いところもあった。これからも1試合1試合やっていくだけ」

 結果と内容が問われるサバイバルを勝ち抜く覚悟だ。

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル