top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

MUCC、10か月ぶり有観客ライブとなる日本武道館公演『惡-The brightness world』詳細を発表

SPICE

MUCC、10か月ぶり有観客ライブとなる日本武道館公演『惡-The brightness world』詳細を発表

MUCCが12月27日(日)に日本武道館で開催する『惡-The brightness world』の詳細が発表された。

本公演は、今年2020年2月以来となる有観客ライブ。MUCCの武道館公演としては3年ぶりとなり、新型コロナウイルス感染防止のガイドラインに則り、キャパシティは従来の半分程度の5000人を予定しているという。

MUCCは2020年は、“ライブ三昧”の年とも言える予定が組まれていた。全国47都道府県を駆け巡ったライブハウスツアー、『MUCC 2020 Lock on snipe Tour 壊れたピアノとリビングデッド収監シリーズ』を2月24日に小樽で打ち上げ、その後モスクワからロンドンまで8公演を予定していたヨーロッパツアー『MUCC 2020 Lock on snipe Tour #11~Style of EUROPE Broken Piano And Imprisonment of livingdead 8days~』の開催、それに伴うスペインでの公演、初夏から夏にかけては国内大型ロックフェスへの出演、6月にはぴあアリーナMMでのワンマンライブなど、日本のみならず世界を駆け巡るスケジュールが発表されていた。また、未発表ではあったが夏以降にはホール展開を含む全国ツアーも予定されていた。

それが新型コロナウィルスの影響によって3月以降のライブは全て中止となり、時期的な背景も内容に反映され、産み落とされた『惡』というアルバムを“有観客”のライブという形でファンに生で届けることが不可能となった。そして苦肉の策として6月21日、9月20日に配信ライブを行った彼らが、12月27日(日)ついに有観客でライブを行う。

未だ新型コロナウイルスの影響もあり、観客は5000人と従来の半分程度だが、この状況の中で培った配信技術・ノウハウを生かすべく、有料配信を行うことも決定している。

広告の後にも続きます

その他コロナ対策として、チケットは全て電子チケット、密となる状況を生み出しかねない当日物販の中止など、感染拡大防止にも着手。その他マスク着用の徹底、場内の換気なども行い、万全の対策を行う。また、ファンクラブ向けサービスとして、記念ピクチャーチケットの受付などファンサービスも忘れていない。

武道館公演『惡-The brightness world』のチケットは、ファンクラブ会員先行受付が10月28日(水)から、オフィシャルモバイルサイト「虚無僧DU MODE」先行受付が11月4日(水)から、一般発売は12月13日(日)からとなる。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル