top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

新国立劇場、10/25開催の『World Opera Day』&10/29開催の『World Ballet Day』に参加

SPICE

新国立劇場、10/25開催の『World Opera Day』&10/29開催の『World Ballet Day』に参加


新国立劇場が、2020年10月25日(日)に開催の『World Opera Day』及び、10月29日(木)に開催される『World Ballet Day』に参加することを発表した。

どちらも世界各国の歌劇場やバレエ団、各界からのアーティストがこぞって参加し、オンライン上での映像配信などが展開される、国際的な大イベントだ。

『World Opera Day』とは


『World Opera Day』



各大陸のオペラハウスが加盟する「オペラ・ヨーロッパ」「オペラ・アメリカ」「オペラ・ラティーノアメリカ」の提唱により始まり、今年2年目を迎える国際的なオペラ・イベント。
オペラの素晴らしさを称え、そして社会におけるオペラの力、価値を認識する機会として、2名の偉大な作曲家ジョルジュ・ビゼーと、ヨハン・シュトラウスII世の誕生日10月25日を記念日とした。

広告の後にも続きます

とりわけ今年は、新型コロナウイルス感染症の影響により、オペラ団体をはじめとした文化芸術団体が大打撃を受けましたが、このような国際情勢だからこそ、人々に希望や活力を与える文化芸術の価値や重要性がより一層高まった。
世界共通語であるオペラを通じ、困難な時代においても世界中の人々が、 自由と寛容の精神を共有する一日として、OperaVisionチャンネル他、様々なオンラインプラットフォームを通じて各国の歌劇場やオペラ団体がキャンペーンを展開する。


新国立劇場オペラ『トゥーランドット』 撮影:寺司正彦



10月25日の『World Opera Day』当日は、今年生誕250年を迎えた楽聖ベートーヴェン作曲「交響曲第九番」第四楽章(抜粋)の、新国立劇場合唱団と4人のソリストによる演奏が、記念コンサート第1幕の冒頭にて特別動画として世界中に公開される。さらに、このイベントを記念し、2019年7月の上演時、空間を埋め尽くすような巨大な舞台装置と説得力のある大胆な解釈で話題騒然となった『トゥーランドット』を、新国立劇場ウェブサイト内で無料配信される。(2020年10月23日(金)17時~1週間限定)

『World Ballet Day』とは


『World Ballet Day』



『World Ballet Day』とは、オーストラリア・バレエ(オーストラリア・メルボルン)、ボリショイ・バレエ(ロシア・モスクワ)、英国ロイヤル・バレエ(イギリス・ロンドン)の3つのバレエ団が中心となり、各カンパニーのリハーサルやクラス・レッスンの様子をFacebookやYouTube上で1日限定で生中継するイベントで、2014年の初開催以来、 今回で7回目の開催となる。

新国立劇場バレエ団は、2017年よりオーストラリア・バレエのゲスト・カンパニーとして参加をしており、今回4回目の登場。コロナ禍にある今年のテーマは、「舞台芸術(特にバレエ)が国境や言語を超えて世界中の人々を結びつける究極の手段-特にこのような困難な時代にこそより本質的な意味において-である姿をお見せし、祝する1日」とされている。


『竜宮』 撮影:鹿摩隆司




『ドン・キホーテ』 撮影:Takuya Uchiyama



10月29日の『World Ballet Day』では、劇場内のリハーサル室より生中継でスタジオ・リハーサルを届けてくれるほか、7月に世界初演された『竜宮』の公演映像や、10月23日(金)より上演する『ドン・キホーテ』舞台稽古の様子など新国立劇場バレエ団の魅力を余すところなく紹介する。

さらに本イベントには、新国立劇場以外にも、世界各地で撮影された約40名の歌手による演奏や、海外のバレエカンパニーのクラスレッスンなどが視聴でき、オペラファン・バレエファン・舞台芸術ファンにはたまらない、充実のプログラムとなっている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル