top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

月火限定中華ランチ!アーツ千代田3331に中国家庭料理が登場|神田・末広町「3331 cafe Ubuntu(カフェウブントゥ)」

80C[ハオチー]

ギャラリー、アトリエ、スタジオが集まるアートの拠点であり、追いかけっこに夢中な子供たちの声が響く地域住民の憩いの場でもある、アーツ千代田3331

神田の末広町駅に近く、10年ほど前に旧千代田区立練成中学校を改修して誕生したアートセンターには、さまざまな人たちが集まり、多様な活動で賑わいを見せています。

晴れた日には外や階段で寛ぐ人々の姿も。

そのエントランスに、2020年8月「3331 cafe Ubuntu(カフェ ウブントゥ)」が誕生。

〈コーヒーとサンドイッチで世界を旅するカフェ〉をテーマに、ファラフェル、シャワルマ、テキサスバーベキューポークなど、世界各地の味と季節の野菜を包んだサンドイッチを楽しみながら、緑豊かな空間で寛げます。

これまで「食の旅先」として登場してきたのは、ヨーロッパ、アフリカ、中近東、アメリカ。それに続いて、新たに加わったのがなんと、中国!

広告の後にも続きます

といっても、サンドイッチの中華風味のアレンジではありません。我々にとってなじみ深いサンドイッチのように、中国各地の人々に親しまれている料理が登場しているのです。

第一弾は、中国全土に旋風を巻き起こした「黄焖排骨饭:黄燜排骨飯:ファンメンパイグーファン:豚スペアリブと野菜の醤油スープ煮込み)」。

黄焖排骨饭(黄燜排骨飯:ファンメンパイグーファン:豚スペアリブと野菜の醤油スープ煮込み)。ごはん、漬物、香菜がセットに。

腕をふるうのは、お父さまの仕事の影響で山東省煙台市や上海での在住歴がある、程旭さん。本業はアート事業のプロデューサー。これまでに、北京、上海、深圳、重慶などの美術館や大型商業施設などで展示企画などを行った実績をお持ちです。

程旭さん。月火のランチのみ3331のシェフに。黒板メニューも素敵です。

そんな程さん、実は大の料理好きで、仕事仲間に振る舞う料理がいつも大好評。その腕前は、仕事のパートナーとしても付き合いが長かったカフェ店長も太鼓判を押すほど。

レシピは料理上手なご両親から受け継いだ醤油ベースのスープに、スパイスを利かせた程さんオリジナル。現地の風情を感じることができ、かつ、アーツ千代田3331を訪れる老若男女幅広い層の人々が楽しんでもらえるようにと試作を重ね、完成に至ったそうです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル