都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY’18』第6弾発表でアジアから4組を追加
都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY’18』第6弾発表でアジアから4組を追加
4月7日(土)に開催される都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY18』の第6弾ラインナップが発表さ...

4月7日(土)に開催される都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY’18』の第6弾ラインナップが発表された。

今回発表されたのは、フィリピンからUp Dharma Down、台湾からElephant Gym、香港からGDJYB、タイからMoving and Cutのアジア勢4組。Up Dharma Down、GDJYB、Moving and Cutの3組は初来日となる。今回の発表で48組のアーティストが出演決定となった。

また、Up Dharma Downの初来日を記念して、インストバンドRegaを擁する『WORDS Recordings』と都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY』で日本独自編成ベスト盤を4月4日(水)にリリースする。Up Dharma Downは、フィリピンの重要インディーロック/ポップバンドの一つで、これまで三枚のフルアルバムをリリース。Red Hot Chili PeppersやThe xx、Bloc Party、Incubus、Tahiti 80などのオープニングアクトとしても演奏。本国では10,000人規模の単独公演を行っている。

『SYNCHRONICITY’18』、及び、『SYNCHRONICITY’18 After Party!!』の出演アーティストは今後も追加となるので、続報を楽しみに待とう。チケットはイープラス、クラベリア、及び、TSUTAYA O-EAST店頭にて販売中となっている。

(更新日:2018年3月9日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME