top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

西野亮廣、笑いを交えながら独自の"売り方論"を展開「商品はお客様に買っていただいて初めて価値が生まれる」

music.jp

西野亮廣、笑いを交えながら独自の"売り方論"を展開「商品はお客様に買っていただいて初めて価値が生まれる」(C)music.jp NEVER SAY NEVER Inc.が四半期ごとに開催する社内イベント『NEVER DAY』が2月23日(金)に行われ、ゲストスピーカーとして、絵本『えんとつ町のプぺル』(幻冬舎)や、『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(幻冬舎)の著者としても知られる芸人の西野亮廣さんが登壇されました。
著書にも書かれている「お金と広告」のお話しから、現在経営されている飲食完全無料のバーについてまで、1時間という短時間に凝縮して西野さんの熟考された持論を熱く語っていただきました。

実売数が1万部を超えれば大ヒットと言われる絵本業界で、『えんとつ町のプぺル』は現在35万部を記録しています。「絵本は生活必需品ではない。生活必需品ではないものを買う動機はどこにあるのか。」を突き詰めて考え、お客様は”思い出”にお金を払うという答えにたどり着いた西野さん。そこで、絵本の原画を無料で貸し出し、会場で絵本を販売するという条件で展覧会を開く権利を譲渡。展覧会の来場者に、お土産・記念として絵本そのものをお買い上げいただく、という手法でどんどん売上を伸ばしています。
「商品はお客様に買っていただいて初めて価値が生まれる。つくったら終わりではなく、それが売れてお客様の手に届くまで、責任をもって面倒を見なければならない」という西野さんの言葉は、多くの共感を呼びました。

畑は違えど、西野さんの商品に込める想いやお客様に良いものを届けたいという気持ちを伺うことができ、有意義な時間となりました。

今後もNEVER SAY NEVER Inc.では、社内イベントに様々なゲストをお招きし、社員全員の視野を広げる機会を積極的に設けていきたいと考えています。

[NEVER SAY NEVER Inc.]

2006年設立。「人」にしか出来ないことが何かを突き詰めて、クリエイティブとビジネス両面のデザインを追求したブランドのプロデュースをしている。「世界一のクリエイティブカンパニー」を目指して、ファッション・スペース・美容・雑貨・インテリア・アートなど、多分野での事業展開を進めている。主要ブランド:STYLE DELI、amorous insense、marjour など

http://nvrsynvr.com/


TOPICS

ランキング

ジャンル