top_line

大量の迷惑メールに千原ジュニアが「さらに」立腹したこと

SmartFLASH

 

 2月13日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ)にて、お笑い芸人の千原ジュニアが、携帯電話に届く迷惑メールへの文句を語っていた。

 

「迷惑メールがすごいねん! 1日に10回くらい68億(円が)当たってんねん。『いいんですか? 受け取らなくて』みたいな催促もあって」

 

 これは迷惑メールの典型例のひとつ。「68億円を受け取るための口座情報を登録してください」といった内容のメールで、個人情報を抜き取るためのものだ。

 

「68億が当たりまくってんねんけど、それはええわ」と、迷惑メール自体は良しとするジュニアだが、「これ、正月の三が日、まったく(メールが)来ない! なにを休んでんねん! 三が日も68億当てろや! あれ、腹立つわ〜」と怒りのコメント。

 

 これにはケンドーコバヤシも「そうなんですよ! それをやってる業者、しっかり実家帰っとるんです!」と同調。

 

 さらに「だれが引っかかんねん! 誰やねん、『ありがとうございます!』って返事したやつ。返事してなかったら(迷惑メールの業者も)滅びますもんね」と、ご立腹の様子だ。

 

 68億円を真に受けずとも、迷惑であることは間違いない。その業者たちが、正月はしっかり里帰りをして休んでいることが腹立たしい。この事実に共感する人は多いだろう。

TOPICS

ランキング

ジャンル