top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「自分を責める癖」が危険な理由

マイナビウーマン

「なぜあんなことをしてしまったのだろう?」「どうしてちゃんとできなかったのだろう?」と後悔ばかりしていませんか? すぐに「自分が悪い」と考える癖があると、苦しい気持ちになりやすいものです。

今回は、「自責の念」の意味、自責の念が強い人の特徴と心理、それから自分を解放するための対処方法を紹介します。

■「自責の念」の意味とは

言葉の意味として、自責は「自分で自分の過ちをとがめること。また、自分に責任があると考えること」、念は「思い」「気持ち」です(『デジタル大辞泉』小学館)。

自責の念に駆られる状態とは、過ちや無力さを「自分のせい」と思い、「自分が悪い」と自分自身を責める気持ちから逃れられない状態を言います。

広告の後にも続きます

自責の念に駆られやすい人の特徴

自責の念に駆られやすい人は、何かうまくいかないことがあった時に、まず「自分が悪いのでは?」と考えるタイプです。具体的には次のような特徴があります。

◇(1)口癖が「すみません」

人から何かしてもらった時、「ありがとう」というお礼の言葉ではなく、「申し訳ありません」「すみません」「ごめんなさい」などと言いがちです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル