top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐藤仁美「私の生き霊がついている」と最低のヒモ男に恨み節

SmartFLASH

aflo

 

 女優の佐藤仁美が、2月15日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した。

 

 番組で佐藤は、過去に付き合っていた最低なヒモ男について語っていた。佐藤はホリプロスカウトキャラバングランプリ。デビュー当初は正統派の美女として売り出されていた。

広告の後にも続きます

 

「20歳か21歳くらいのときだったんですけど、自称社長の、ちょっと年上の人。いま会社が傾きかけてるみたいな感じで。気付いたら衣食住、欲しいものがあれば(一緒に)お店に行く、(彼が)キャバクラ行きたかったら一緒に行く。『パチンコ代ちょうだい』みたいな。全部(私が支払う)」

 

 当然、周りから交際を反対されたという佐藤。しかし、「若いから、(反対が)エネルギーになって『私、別れない!』みたいになっちゃって」と振り返る。

 

 佐藤の貯金額まで把握していたという元彼。なぜそのことに気付いたのか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル