top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

楽天マーくん、初の対外試合で好投【2007年2月26日】

週刊ベースボールONLINE



その後のオープン戦は2試合連続三者凡退(写真は2試合目の3月4日の広島戦)

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は2月26日だ。

 楽天のビッグルーキー、田中将大の初の対外試合は2月25日のロッテ戦(鹿児島)予定だったが、雨天中止に。しかし両軍監督の計らいもあって翌26日、急きょ入場無料の練習試合が組まれた。

 先発の田中は初回、西岡剛、福浦和也から連続三振。福浦への初球は150キロをマークし、ファンを喜ばせた。2回はズレータ、大松尚逸に連打を食らうも、続く神戸拓光をノースリーから盛り返しての空振り三振。続くサブローを見逃し三振、今江敏晃を二ゴロに打ち取った。

「楽しかった。自分の力がどこまで通用するか試したかったのでよかった。リラックスして投げられましたよ」と田中はニッコリ。

 野村克也監督も上機嫌で「何がよいと言っても、8人の打者に1球もフルスイングさせんのやから。みんな崩しちゃってる。マーくん、絶好調!」と大絶賛だった。

写真=佐藤真一

TOPICS

ランキング

ジャンル