top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

永野芽郁「1社3000万円」のCMが11社…ランチ5000円の高級火鍋へ

SmartFLASH

 

 晩夏の暑さが残る、ある日のこと。白い素肌を際立たせる全身黒のコーデで事務所の車を降りたのは、永野芽郁(21)だ。ほどなく歩いて向かったのは、「火鍋」で有名な中華料理店。ランチのコースが5000円からの高級店だ。

 

「2018年のNHK朝ドラ『半分、青い。』で見せた、永野さんの演技力の高さに、視聴者は驚かされました。天真爛漫で太陽のように明るい部分もあれば、自分勝手で毒々しい部分もある強烈な役柄を、生々しく演じました」(スポーツ紙記者)

 

広告の後にも続きます

 

 朝ドラで主演を経験したあとは、CM契約料も急上昇。現在、出演するCM・広告は、UQコミュニケーションズほか11社にのぼる。

 

「永野さんはマイナスイメージがないため、どんなクライアントにも、自信を持って提案できる女優のひとりです。CM契約料は、1社3000万円ほどです」(広告代理店関係者)

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル