top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハロウィンジャンボ購入は“奇跡の当せん”秘話にならえ!

女性自身

ハロウィンジャンボ購入は“奇跡の当せん”秘話にならえ!

 

つづいて長崎県「東長崎イオンチャンスセンター」には、’18年ハロウィン抽せん日の翌日、売り場に1等の当せんくじを持った男性がやってきた。

 

「60代の男性でした。購入したのは奥さんだとか」(榎本隆弘店長)

 

広告の後にも続きます

この夫婦は、ゲン担ぎに毎回、購入した宝くじを床の間に飾り、五円玉をのせて、抽せん日を待っていたとか。こうしたこだわりが大当たりを引き寄せたのかも。

 

’18年に愛知県「西尾チャンスセンター」で購入し、1億円を当てたのは50代男性。

 

「常連のお客さんで、対応した販売員も、はじめて見る高額当せんくじに手が震えたそうです」(黒岡利行店長)

 

毎回ジャンボは妻と息子と3人で共同購入していて、「欲を出さずに買い続けたことがよかった」と語っている。当せん金は車の買い替えと家の建て替えに使うとか。

 

大当たりの陰に秘められた“教え”。ぜひ、今回のハロウィン購入の参考にしてみてはいかが。

 

「女性自身」2020年10月13日号 掲載

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル