top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

純烈・酒井一圭『純烈ものがたり』の見どころは後上翔太のクソ芝居⁉「マダムはキュンキュンする」

テレビドガッチ


純烈が主演を務めるFODオリジナル連続ドラマ『純烈ものがたり』(10月10日配信開始)の制作発表会見が9月29日、東京・台場の「大江戸温泉物語」で行われ、メンバーの酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太が出席した。

純烈のメンバー4人が本人役で初出演&初主演を果たす本作は、4人それぞれのキャラクターがにじみ出る心温まる物語となっている。マネジャー役は松下由樹が演じる。

リーダーの酒井は「セリフを覚えるのが大変だった」と撮影を振り返ってため息。「子供たちの勉強じゃないけど、セリフを口に出して言っても覚えられない。明日はちゃんと言えるかなって、夜眠れなくなったりもしました」と苦労を明かした。

松下との共演について「勉強になりました。ずっと売れている人はやっぱりすごいなって。まじまじと眺めてしまいました。松下さんがいてくれたおかげでこのドラマはドラマとして成立するなって。僕らのいいところを引きだしてくれて、お客さんが安心して見られるものにしてくれる、そんな安心感をもらえた気がします」と感謝の気持ちを述べた。

後上だけが演技の経験がなく、酒井は見どころについて「後上さんのクソ芝居」とニヤニヤ。未経験の演技に悪戦苦闘する姿が「初々しかった」と振り返り、「でもその初々しさにマダムはキュンキュンするみたいです。ドラマを見ながらファンがペンライトをふるかもしれないです」と予想。後上はこれに「初体験の連続でした。全編通して『はじめてのおつかい』を見るような感じで見ていただければ」と照れ臭そうな表情でアピールした。

白川は「結成して10数年。4人でお芝居をさせてもらうことはなかったので緊張したんですけど、周囲に助けられ、楽しんでできました」と感無量の様子。「長いセリフがあったので、リーダーと同じ。セリフを覚えるのが大変でした。子役の子に『どんまい』って言われました」と笑顔で振り返ると、小田井は「僕の場合は逆に長ゼリフが欲しかった。僕はなくて、そういう苦労がしてみたかったなって」と羨ましげ。夫人のLiLiCoから「頑張って」と声をかけられたエピソードなどをユーモアたっぷりに話していた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル