top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

斬新なのは見た目だけじゃない! 新登場のプレミアムウイスキー「ニッカ セッション」の真価とは?

食楽web

食楽web

 ハイボールの普及などで、普段からウイスキーにふれる機会が多くなっているのではないでしょうか。ウイスキーを飲み慣れてくると、気になるのがワンランク上の「プレミアムウイスキー」。でも、プレミアムウイスキーというと、ホテルのバーやラウンジなどで飲む高級なお酒というイメージもあり、ちょっと敷居が高く感じるかもしれません。

 そんな方にご紹介したいのが、このたび『ニッカウヰスキー』から新たに登場された「もっと直感的に、自由なスタイルで飲める」ウイスキーです。

五線譜をモチーフにした躍動感あるブルーラベルが特徴的

 同社のプレミアムウイスキーというと、原料にモルト(大麦)を使った「竹鶴」や「余市」、「宮城峡」といったモルトウイスキーが有名ですよね。なかでも単一の蒸溜所のみでつくられたシングルモルトウイスキーは、蒸溜所ごとに個性豊かな味わいや奥深い世界観が楽しめ、コアなファンも数多く存在します。

 今回発売された新ウイスキーはそのモルトに着目。日本のモルトとウイスキーの本場・スコットランドのモルトをブレンドするという自由な発想で、全く新しいプレミアムウイスキーを完成させたといいます。その名も「ニッカ セッション」。これまでのウイスキーには見られなかったブルーボトルを採用。セッション(奏楽)をモチーフにした現代アート風のラベルもいい感じです。外見だけ見ても、確かに斬新かつ自由な感じがします。では、実際の味わいはどうでしょうか。

異なる香り、味わいのモルトが奏でる、まさに「セッション」

まずはスコットランドと日本のモルトが奏でる香りをどうぞ

 まずはストレートでテイスティング。色はナチュラルな琥珀色です。驚いたのは、香りの芳醇さと複雑さ。最初にオレンジや切りたてのリンゴのような爽やかな香りが鼻腔をくすぐります。その後にねっとりとした甘いバニラ香が続き、最後にピートの香りで締めるという感じです。

 実はこのウイスキーは、『ニッカウヰスキー』がスコットランドに所有するベン・ネヴィス蒸溜所のモルトなど数種類のスコットランドモルトと、日本の余市蒸溜所、宮城峡蒸溜所のモルトをブレンドしています。最初に感じた爽やかでフルーティな香りはベン・ネヴィスのモルトによるもの、バニラ香やピート香はそれぞれ宮城峡、余市のモルトによるものだそう。うん、まさに香りの「セッション」ですね。

 口に含んでみると、その「セッション」がさらにはっきりと感じられます。口当たりは優しく、クリーミーでなめらか。フルーティーで軽やかな味わいなのですが、その後、ほのかなビーターさとピート香が穏やかな余韻として心地よく残ります。

もっともおすすめの飲み方「セッション ソーダ」

 まさにスコットランドと日本のモルトの個性の“共演”を感じられる「ニッカ セッション」ですが、おすすめの飲み方はハイボール、その名も「セッション ソーダ」なのだとか。続けてこちらも試飲してみたところ、フルーティーで華やかな香りが湧き上がってくる印象で、炭酸の辛さとモルトの甘さ、ピートの苦さが絶妙にマッチしています。これなら料理との相性もよく、食中酒としてもピッタリです。

料理との相性も◯。シーンやスタイルにとらわれず自由に楽しみたい

 正直、筆者もこれまでプレミアムウイスキー(特にシングルモルト)は、食後にストレートやロックで飲むものだと当然のように思っていましたが、まさに目からウロコ。ウイスキーってもっと自由なお酒なのだと再認識させられました。飲み方、シーンなどさまざまな「自由さ」を楽しみつつも、モルトウイスキーならではの旨さを追求した新感覚のプレミアムウイスキー「ニッカ セッション」。レストランなどの飲食店で、はたまたご家庭で、自由に楽しんでみませんか。

●DATA

商品名:ニッカウヰスキー「ニッカ セッション」

参考小売価格:3800円(税別)
※数量限定発売

https://www.nikka.com/products/malt/session/

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル