top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

児嶋一哉、「半沢直樹」で片鱗?ジャニーズも俳優の道もあった意外な“分岐点”

アサ芸プラス

 9月23日放送の「突然ですが占ってもいいですか? 話題の芸能人を占う2時間SP」(フジテレビ系)に出演した、お笑いコンビ・アンジャッシュ児嶋一哉に対する「占い結果」が話題になっているようだ。

 児嶋は占いに対し「多分、信じてないタイプ」と、天星術師の星ひとみさんから占ってもらう前にはコメントしていたが、いざ占いが始まり、相方の渡部建が起こした「多目的トイレ不貞」のために休止しているアンジャッシュの再始動が「だいぶ先まで重なりが見えない。(2人で活動というのは)あまり見えない」と言われると表情が一変。「アンタッチャブルみたいな(10年後に再始動する)パターンもない?」と真剣な表情で食い下がった。

 そんな児嶋に星さんは「そういうことです。私の占いで見させてもらうと、(児嶋さんは)ピンでずっとやって、8年後なんです」と説明。さらに「その前に渡部さんが来年、もっと大きな決断のリセットが入っているので。『それするの?』っていうことをしたりとか」と占うと、児嶋は「たくましいねぇ」と笑顔を見せた。

「児嶋は中学3年生時にジャニーズ事務所に履歴書を送ったものの書類審査で落ちたそうですが、星さんの占いによればあと1年待って高校1年生になってから履歴書を送っていたならば『合格していましたね』とのこと。ネット上では『児嶋がジャニーズに入っていた可能性があったとは』と驚きの声があがっています。その一方で、放送中の人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で、児嶋は敏腕秘書の笠松として抜群の演技力を見せているので『ジャニーズに入っていたらドラマ班として、風間俊介や生田斗真のようになっていたかも』という意見も書き込まれています」(女性誌記者)

 児嶋の持ちネタである「児嶋だよ!」が2023年3月で「寿命」を迎えるとも占われた児嶋。しかし、俳優として出演した作品の決めゼリフなど、新たなキャッチフレーズが出てくるのではないかとのことだ。

広告の後にも続きます

 児嶋の俳優としての躍進は今後も期待できそうだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル