top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米倉涼子らが続々退社…「事務所独立前のCM」ギャラの取り分は?

SmartFLASH

 しかしその一方で、2017年ごろから放送されている同じ興和の商品『キューピーコーワゴールドα-プラス』のCMは、今も内容が変わらないままで放送されていて、『あれっ?』と思いましたね。

 

 というのも、柴咲コウさんが出演している『ブレスラボ』(第一三共ヘルスケア)のCMが独立後に新作に切り替わったように、通常は出演タレントの移籍や独立にともなってCMが作り変えられたり、内容がリセットされることが多いんです」(芸能記者)

 

 岡田結実が出演する「完熟トマトのハヤシライスソース」(ハウス食品)のCMも、2019年から放送されているものが、2020年8月に新バージョンが作られるまで、そのまま流れていた。

広告の後にも続きます

 

 こうした独立前から続く仕事について考えると、出演しているのはタレント本人でも、その仕事を “取ってきた” のは、前の事務所だ。この場合、CM出演に支払われるギャラの取りぶんは、どうなるのだろうか。芸能事務所幹部が解説してくれた。

 

「女優が独立前に出演していたCMが、独立後もそのまま放送される場合は、ギャラは前の事務所にも入ります。それはもちろん『(独立前に)事務所が取ってきた仕事』だからです。

 

 取り分については、事務所ごとに違うと思います。折半がふつうですが、前の事務所が7~8割を取ることも多いですね。CM出演は1年契約が多いですが、独立後に新作CMを作って放送するぶんについては、女優側に満額が入るケースが多いです」

 

 CMは “企業の顔” でもあるため、出演者のイメージは何より重要だ。独立前からのCMについて、前の事務所がギャラを受け取ることが多いのは前述のとおりだが、もし独立後のタレントが不祥事を起こしてしまったら、独立前からのCMについて、前の事務所も違約金を負担することになるのだろうか。

 

「本来はタレント側が責任を負うべきですが、独立前から契約が続いている以上、前の事務所も黙っているわけにはいかないでしょう。違約金の半額、ときには全額の補償をしたケースもあります」(同前)

 

 冷や汗をかきながら、巣立ったタレントの動向を見ている事務所も、多いのかもしれない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル