top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米倉涼子らが続々退社…「事務所独立前のCM」ギャラの取り分は?

SmartFLASH

 

 2020年の芸能界で、“独立・退社ブーム” が起きている。ここ数年、多くのタレントが退所してきたジャニーズ事務所からは、2020年にも元SMAPの中居正広(48)、元NEWSの手越祐也(33)らが退所した。ほかでも、スターダストプロモーションから柴咲コウ(39)が、スペースクラフトから栗山千明(35)が独立している。

 

 

 なかでも一大事が起きているのは、大手芸能事務所・オスカープロモーションだ。2019年12月31日付で退社した女優の忽那汐里(27)をはじめ、岡田結実(20)、堀田茜(27)ら多数の若手女優が退社。そして2020年3月31日には、看板女優だった米倉涼子(45)も退社して、個人事務所「デサフィオ」を立ち上げた。

広告の後にも続きます

 

 米倉は配信大手「Netflix」のオリジナルドラマ『新聞記者』(2021年配信予定)で主演を務めることが発表されるなど、順調に独立後のスタートを切っている。

 

「ほかにも、インパクトがある『高すぎるっ』という叫び声が印象的な、楽天モバイルのCMが新たに始まりました。以前から斎藤工さんと共演している興和のCMも、新たに制作されたものが2020年4月から放送されていて、独立にともなって一新された印象です。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル