top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ロッテ】カモメの開幕投手争いの行方は!?【キャンプ取材現場発】

週刊ベースボールONLINE

涌井と二木が並んでブルペン入り



第4クールの初日にそろってブルペンへ入った二木(左)と涌井


 いまだ大きな進展がないロッテの開幕投手争い。それでも本命・涌井秀章、対抗・二木康太という周囲の見方は根強い。最終第4クール初日の2月15日、その2人がそろってブルペンで熱のこもった投球を披露した。

 先に投げ始めたのは二木だった。オフから調子をやや崩しており抜けるボールも散見されたが、小林雅英コーチがときおり掛ける言葉にうなずきながら、一番右のレーンでストレートを中心に80球を投げ込んだ。

 二木がブルペンに入ってから15分、涌井が姿を現す。二木の隣のレーンに入り、やはりストレートをメーンに105球。この春季キャンプに入ってから最多の球数を投じた。左手の動きを何度も確認するなど、まだ調子を上げていく段階であることは間違いないが、井口資仁監督も「今日は初めて投内連係でサインプレーもやっていたし、ワクに関しては心配していない」と信頼を寄せている。

 そして指揮官はこう続けた。「(涌井は)開幕に合わせていると思うので」。一度はメジャー挑戦のために海外FA権を行使し、仕上がり具合もまだ見えてこない部分はあるが、現時点で開幕投手の最右翼であることに変わりはない。

 一方、二木は涌井の存在をはっきりと意識していた。「隣で涌井さんが投げていて意識しないピッチャーはいないと思う。まだ100パーセントには程遠いと言っていたが、それでも強いボールを投げていた」。

 自身の開幕投手については、「涌井さんの残留が決まるまではそう言ってくれる人もいたが、まだ自分はそのレベルにはない」と話す。それでも、「1年で特別な試合。ピッチャーである以上、(今年というわけではなく)いつかはやってみたい」と、意欲とあこがれが入り混じったような言葉を口にした。

 最下位からの巻き返しを誓うチームにあって、2018年の先発ローテをけん引していくのは誰なのか。3月30日、地元ZOZOマリンでの楽天との開幕戦で先陣を切るのは誰なのか。ロッテの開幕投手レースはまだ一波乱も二波乱もありそうだ。

文=杉浦多夢 写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル