top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

活動に赤信号の危機だった“今月の少女”

韓流大好き


ガールズグループ今月の少女を取り巻く、株主らの投資金返還訴訟と関連し、所属事務所側の親会社の控訴が棄却された。

これにより、今月の少女の活動に危機が生じるも、所属事務所は「グループ活動は続けていく予定だ」とし、10月19日にカムバック予定でいる。

今月の少女について


2018年8月にデビューした今月の少女は、12人組のガールズグループとして、プレデビューアルバムがビルボードチャートで好成績を出し、注目を集めた。

今年2月には、2枚目のミニアルバム『#』を発売、タイトル曲「So What」で、デビュー後初めて『M COUNTDOWN』1位に輝いている。

メンバーには何ら関係のないところで…


今月の少女 所属事務所Block Berry Creativeの親会社であるポラリスの2大株主ドーナツが、ポラリスに35億ウォンを投資したが、今月の少女側が約定した契約を履行しなかったとし、投資金の返還訴訟を提起。

これは、ドーナツが開…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル