top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

限定版に惹かれるゲーマーの失敗談と、思わぬ成功体験─プレミア価格のパッケージ版『斑鳩』を諦めるのはまだ早い!

インサイド

限定版に惹かれるゲーマーの失敗談と、思わぬ成功体験─プレミア価格のパッケージ版『斑鳩』を諦めるのはまだ早い!

2001年にアーケードでデビューを果たし、2002年にはドリームキャスト版、2003年にはニンテンドーゲームキューブもリリースされた『斑鳩』。属性を切り替え、敢えて敵弾に当たることが攻略の鍵となるユニークな本作は、当時のSTGファンの間で大きな話題となりました。

この『斑鳩』は、以降も様々なプラットフォームに広がっていき、プレイ機会に恵まれた作品と言えるでしょう。ただし、Xbox Live Arcade版をはじめ、ダウンロード専用タイトルとしての活躍が主で、パッケージ版とは無縁の展開が続きます。

ですが本日2020年9月14日に、ニンテンドースイッチ/PS4向けのパッケージ版『斑鳩』が発売。しかも、特製化粧箱やフルカラー解説書、3Dモデル Meatl Earth「IKARUGA」などがセットになった、ファン心をくすぐる一品としての登場です。


──しかし、このパッケージ版『斑鳩』は数量限定の発売で、ファンからの注目度の高めだったため、早い段階で予約受付が終了。発売日前から、amazonなどではプレミア価格が付く事態となっていました

パッケージ版の定価は4,500円(税抜)ですが、発売を迎えた本日9月24日時点でのamazonをチェックしてみると、「スイッチ版:7,870円」と「PS4版:7,290円」。やはり定価を上回っています。


実は筆者も、予約をし損ねて、プレミア価格のパッケージ版を眺め続けていたSTGファンのひとり。間に合わなかった自分が悪いので、新たなパッケージや3Dモデルの入手は半ば諦めていました。ですが本日、パッケージ版を定価で入手することに成功! なぜ手に入ったのか、そして今後手に入れられる機会はあるのか。この点について、実体験を交えつつお話したいと思います。

なお、本記事は全て筆者個人の見解であり、店舗や状況によって事情は異なりますのでご注意ください。

限定版の成功体験は、『ヴィーナス&ブレイブス』の「Waltz For Ariah」から

限定版と通常版、そのどちらを選ぶかは人によって様々かと思いますが、筆者は基本的に限定版を選ぶタイプ。もちろん理由はいくつもありますが、特に大きかったのは、『ヴィーナス&ブレイブス ~魔女と女神と滅びの予言~』(PS2版)の限定版での成功体験が、大きく影響を及ぼしています。

『ヴィーナス&ブレイブス』はゲームシステムもユニークで、登場人物も魅力的な面々ばかり、そして騎士団の戦力を100年間維持する要素などが絶妙に絡み合っており、個人的には名作に数えたい1本ですが、その話は今回無関係なので、残念ながら割愛。重要なのは、特典の中にメインテーマ「Waltz For Ariah」の音源が入っていた点です。

この「Waltz For Ariah」は非常に素晴らしい曲で、一度聞いただけで惚れ込んでしまいました。特典内の音源は何度聞いたか分かりませんし、この曲を使った告知PVも未だに見返してしまいます。


これほど気に入った曲ですが、少なくとも筆者が知る限りでは、一般販売されたことはありません。本作のサントラも発売されなかったので、特典で入手しなければ手元に残ることはなかった──この体験が、限定版への購入意欲を強く後押しする形となりました。

実際、“限定版のアートブックだけが唯一の公式資料”という展開もたびたびあり、同じような体験をした方も少なくないことでしょう。その結果筆者は、限定版に手が伸びる誘惑に抗えない人生を送ることとなりました。


<cms-pagelink data-text="限定版に惹かれる筆者の、失敗と成功談" data-page="2" data-class="center"></cms-pagelink>

「朝イチで行けば買える」──そんな浅はかさを打ち砕いた『Dragon Marked For Death』

ですが限定版は、常に手に入るわけではありません。そのことを、『Dragon Marked For Death』の時に痛感させられました。

限定版派な筆者ですが、腰が重いところもあり、予約などはあまり積極的に行わないタチでした。「予約をしなくても、当日の朝イチに行けば買えるだろう」と、そんな安易な気持ちを当時抱いていたのです。

しかし、開店と同時に向かったゲオには、『Dragon Marked For Death』の限定版は影も形もありません。予約分があったのかどうかは、確認のしようがないので不明ですが、余分な限定版を仕入れていないのは明白でした。「多少は余分に仕入れるだろう」といういい加減な思い込みが、墓穴となった瞬間です。


この時はまだ、「じゃあ別のところを探すか」くらいのテンションでしたが、周囲の店を当たってもダメ、通販サイトをチェックしても手遅れと知り、そこでようやく自らの浅はかさに気づきます。

店舗にもよると思いますが、余分な限定版を仕入れないケースも十分あり得るので、気になるものはしっかりと予約をし、予約できなかった限定版は諦める。そんなスタンスへと変わっていきました。

パッケージ版『斑鳩』を予約していないのに、店舗へ足を運んだ理由とは

『Dragon Marked For Death』の失敗を経て、予約の重要性を改めて身に染みた筆者。パッケージ版『斑鳩』の予約は間に合わなかったので、残念ながら見送るつもりでした──が、ふと思い立って、近所のゲオへ足を伸ばします。『Dragon Marked For Death』の限定版を買えなかった店舗へと。

先に結果を伝えると、パッケージ版『斑鳩』はスイッチ版・PS4版ともに並んでおり、普通に買うことができる状態でした。当たり前ですが新品ですし、プレミア価格でもありません。値引きのない4,500円(税込だと4,950円)でしたが、すんなりと購入に成功。予約に失敗しても、パッケージ版を無事手に入れることができました。

今回の件を一言でまとめるなら、単に運が良かっただけ。それは間違いありません。ですが、『Dragon Marked For Death』で同じ失敗をしているのに、なぜ今回店舗に足を運んだのかと言えば、ひとつの読みがあったからです。


ある程度の注目作でない限り、余分な限定版は仕入れない(と思われる)。それは『Dragon Marked For Death』の経験で学びました。では、なぜパッケージ版『斑鳩』が買える(=余分な仕入れがある)と筆者は思ったのか。それは、今回のパッケージ版が1種類しかなかったからです。

一般的なソフトの場合、限定版と通常版があります。限定版は、予約だけで締め切られたり、逆に仕入れを絞る場合などがありますが、通常版は基本的に仕入れる店舗が多いはず。かなりマイナーな作品でも、通常版ならば店頭に並んでいるのを何度も目にしました。


そして今回のパッケージ版『斑鳩』は、化粧箱の背面にもしっかり書かれていますし、同梱内容を鑑みても、限定版と言うべき存在です。しかし、いわゆる「通常版」のパッケージがなく、仕入れる場合はこの限定版一択。そのため、ごく普通の仕入れとして限定版を発注したのでは──と筆者は考えました。

この判断が正しいのか、それとも大間違いなのかは分かりません。が、一通りのタイトルを仕入れる店舗であれば、パッケージ版『斑鳩』が普通に並んでいる可能性はゼロではないと思います。予約できずに諦めた方は、近所の店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに入手する方法は、筆者の不確定な推測による話だけではありません。Pikii Official Game Storeにて、9月26日にパッケージ版『斑鳩』が再版されます! 数量はごくわずかですが、公式ストアで購入できる貴重な機会なので、この機会をどうぞお見逃しなく。

#斑鳩 パッケージ版本日発売です!!再販のリクエストお応えして、9月26日(土)にPikii Official Game Store にて #NintendoSwitch #PlayStation4 版を再販します。販売できる量はごく僅かですので、「再入荷のお知らせ」の通知を受信できるようお勧めします。https://t.co/dF28QDyXzD https://t.co/BHns1E9NGJ&mdash; Pikii (@PikiiGK) September 24, 2020

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル