top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

その日その日家族は現れなかった。ドタキャンされた保護犬が新たなる飼い主に巡り合うまでの物語(コロンビア)

カラパイア

引き取り当日にドタキャンされた子犬の物語
引き取り当日にドタキャンされた子犬の物語 image credit:rescatamebogota/Instagram

 保護施設にいた生後3か月の小犬は、その日を楽しみに待っていた。もうすぐ永遠の家族となる飼い主たちが迎えにきてくれるからだ。

 施設側では、この日のためにタキシード風のスカーフを用意してあげた。かわいく着飾った子犬は興奮を抑えきれない様子だった。

 ところが…

 待てど暮らせど家族はやってこなかった。引き取り当日になって、犬を引き取れないと急遽キャンセルされたのだ。

準備万端で待っていた子犬、引き取りをキャンセルされる


 コロンビアのラ・カレラにある非営利の動物保護施設『Fundacion Rescatame』は、9月9日Facebookで、悲しい出来事をシェアした。

 首都ボゴタの近くにある街で保護した生後3か月の子犬「ヴィセンテ」は、この日永遠の家族となる飼い主からお迎えが来るはずだった。


 ところが、どれだけ待っても家族は現れなかった。実は、お迎え日当日になって、養子縁組先が急遽キャンセルをしてきたという。

 ヴィセンテは、施設のスタッフにお風呂にも入れてもらって綺麗にしてもらい、タキシード風のスカーフをつけ、準備万端で新しい飼い主を待っていたが、結局行き場のないままこの日を終えることになってしまった。


 施設スタッフによると、ヴィセンテと養子縁組をした男性は当初、申込用紙を提出し、飼い主となる審査もスムーズに合格。ある時は身内をつれて施設に訪れ、ヴィセンテを抱っこしたりして可愛がっている様子だったそうだ。
  
 しかし、当日にまさかのキャンセルとなり、Facebookのアカウントには施設スタッフが悲しみの言葉を綴っている。

急にキャンセルしてきた後、彼らは施設の養子縁組のシステムが厳しすぎるとまで批判しました。こういうことがあるからそうせざるを得ないのです!

犬猫たちの期待を少しでも裏切るようなことを、私たちはしたくありません。養子縁組をするということは、永遠の約束であるということを覚えておいてほしいのです。

動物は物ではないし、もう要らないからといって飼わないという無責任なことをしないでください。
 

運命は見放さなかった。ヴィセンテに新たな飼い主現れる


 しかし、ヴィセンテのストーリーはここで終わらない。運命の神様は彼を見放したりはしなかったのだ。

 その数日後には、ヴィセンテに新たな飼い主が決まった。

Gracias a todas las personas interesadas, nunca pensamos que su historia fuera a llegar tan lejos🥳Queremos contarles…

Posted by Fundacion Rescatame on Wednesday, 9 September 2020

 施設側は、ついに永遠の家を手に入れたヴィセンテと、新しい飼い主の姿をFacebookでシェアし、ヴィセンテのストーリーをサポートしてくれた人たちへの感謝の言葉を綴っている。

 でも考えようによったら、全てうまくいったのかもしれない。平気でドタキャンするような人の家にいったら、よからぬことが起きていた可能性だってある。人間万事塞翁が馬なのだ。ヴィセンテはこれからたくさんの楽しい時間を、今の家族と一緒に過ごし、たくさんの良い思い出を作ってほしい。

View this post on Instagram

A post shared by Fundacion Rescatame (@rescatamebogota) on


 この施設では、動物虐待や飼育放棄された動物たちの救助と保護を目的とし、今年は既に200匹以上の犬が新しい飼い主を見つけたそうだ。

 だが、今も施設には40匹ほどの犬が暮らしており、永遠の家が見つかるのを待っている。

 「誰もがセカンド・チャンスを与えられえるに値する」と話す施設側は、品種や年齢、性別、大きさに関係なく、動物を救うことを第一としており、今後もより多くの手を差し伸べてくれる人を求めている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル