top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

ブロッコリースプラウトで抗酸化!便秘解消のための食べ方

つやプラ

便秘の原因は一つではなく、また人それぞれ違った理由があるため、簡単に解決できるものではありません。発酵食品も食物繊維も摂っていて、運動もしているのに、それでも便秘が改善されないという方は、もしかすると、いわゆる「身体のサビ」が原因かもしれません。

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、活性酸素から身体を守って便通の改善に役立つ「ブロッコリースプラウト」をご紹介します。

■活性酸素で便秘に!?

活性酸素は、私たちの身体のなかに常に発生しているものです。通常の量であれば害はありませんが、紫外線や大気汚染、ストレスなどで大量に体内に発生すると、細胞を酸化させてダメージを与えます。細胞を酸化させることから、活性酸素の害は「サビ」と呼ばれることがあります。

活性酸素によって細胞が酸化することで、細胞が本来の働きをすることができなくなるため、新陳代謝が低下して、身体のさまざまな不調を引き起こすことがあります。

その一つが便秘です。活性酸素が腸の筋肉や腸液の分泌に影響して、便秘を引き起こす一因となることが分かっています。

■ブロッコリースプラウトとは?

ブロッコリースプラウトは、その名のとおりブロッコリーの新芽です。この新芽には、スルフォラファンというフィトケミカルが含まれています。

スルフォラファンは、体内での解毒や抗酸化に欠かすことのできない酵素の生成を促す働きがあります。そのため、スルフォラファンを摂ることで、私たち自身のもつ解毒力や抗酸化力を高めることができます。

■便秘のためのブロッコリースプラウトの食べ方

(1)1日20g食べる

ある研究では、1日20gのブロッコリースプラウトを毎日1か月食べることで、便通の改善効果が感じられたそうです。

食べ物からの体質改善は、数日で効果を実感できるものではありませんが、スルフォラファンは、便秘だけでなく解毒力や抗酸化力を高める働きがありますから、毎日続けて食べましょう!

(2)生で食べる

加熱をすると、スルフォラファンを生成するために必要な酵素がこわれてしまいます。

必ず生で食べましょう。

(3)よく噛んで食べる

植物の細胞には、細胞壁という固い膜があります。この膜を破ることで栄養素の吸収が高まります。

よく噛んで食べるか、もしくはミキサーにかけて、スムージーや冷製スープで食べるのもおすすめです。

食べ物からの体質改善は、毎日続けることが大切です。1日20gであれば、ストレスなく続けられる量ですよね。頑固な便秘でお悩みの方、ご自身の解毒力や抗酸化力を高めたい方は、ブロッコリースプラウトを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

TOPICS

ジャンル