top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

戸田恵梨香と大原櫻子がW主演 第二次世界大戦末期の“疎開保育園”の実話を映画化する『あの日のオルガン』製作が決定

SPICE

女優の戸田恵梨香と女優・歌手の大原櫻子がW主演をつとめる映画『あの日のオルガン』の製作が決定した。

『あの日のオルガン』は、第二次世界大戦末期に東京都品川区戸越の保母たちが幼い園児たちと集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れたという“疎開保育園”の実話を映画化した作品。保母たちのリーダー・板倉楓を、『SPEC』『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』シリーズなどの戸田恵梨香が、保母の野々宮光枝を『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でスクリーンデビューを飾った大原櫻子が演じる。メガホンを取るのは、『ひまわりと子犬の7日間』の平松恵美子監督。

3月のクランクインに向けた、戸田、大原、平松監督のコメントは以下のとおり。

 

戸田恵梨香

子供達を必死に守り抜いた保母さん達は、

今では考えられないほどのプレッシャーと苦労だったに違いなく…

この作品に参加する事を私自身大きな責任と感じています。

広告の後にも続きます

向き合う事が大変恐ろしくも感じますが、

強く生きた女性の姿を力強く懸命に演じたいと思います。

 

大原櫻子

今回、野々宮光枝役をやらせていただきます。実話をベースにした今回の題材。

戦時中の話なので、その時代を勉強して撮影に臨みたいと思います。

私は元々子供が大好きで、最初お話をいただいた時は、素直に嬉しかったです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル