top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ビートたけし「半年間つけ狙った男」の正体がわかって思わず説教

SmartFLASH

 

 2月5日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)で、ビートたけしがストーカーのような男性に半年間つけ狙われていたことを明かした。

 

「TBSから出ると半年間毎週見ている男がいた。若い衆に『アイツが動き出して、こっちに来たら守れよ』と言っていた。半年して、急にリュックに手を伸ばして、色紙を出してきた。『サインください』って。そいつに説教してやった。『ハナからサインくれ』って言えばいいんだ」

 

広告の後にも続きます

 単なる臆病なファンだったと明かして、笑いを誘っていた。

 

 実は、たけしは過去にもストーカーめいた人物からの被害を明かしている。2013年6月8日放送の『情報7days ニュースキャスター』(TBS系)では「助監督にしてくれ」と自宅の前で待ち構えている者がいると話していた。

 

 だが、たけしと言えば、弟子入り志願者を無下には断らないことで知られている。かつては数十人の「たけし軍団」を弟子としていたが、現在ではもう弟子は取っていない。とはいえ、いまも志願者は絶えない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル