top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

松井玲奈、鈴木仁演じる9歳年下男子の「ギャップにキュンキュン」“年の差恋愛”への本音も『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』インタビュー

テレビドガッチ


松井玲奈さん主演、鈴木仁さん出演のドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』(毎週月曜24:00~最新話配信)が、FODで配信中。畑亜希美の同名漫画を原作に、結婚を意識しはじめた女性が、大人として理性や現実に迫られながらも、理想の恋を追いかける姿を描きます。

松井さんが演じているのは、30歳の会社員・森山志乃。同年代の男性と、駆け引きせず要領よく結婚したいと考えていたところに、鈴木さん演じる9歳年下の佐藤真雪が突然現れ、告白されます。真雪のまっすぐな思いを受け、“結婚相手ができるまで”という条件で付き合い始めたことから物語が動き出すラブストーリーです。

実年齢8歳差のおふたりは、互いにどのような思いで本作に臨んだのか。撮影秘話や見どころと共に、“年の差恋愛”への本音についても聞きました。

――初共演となりますが、お互いの印象は?

松井:すごく年下の男性との共演は、今回が初めてでした。ドキドキしていましたが、撮影を重ねるごとに、どんどん仁くんが真雪としても魅力的になっていくな、素敵だな、と思っていました。

鈴木:僕は、安心して撮影に臨めました。真雪としても志乃さんを頼りながら、自分としても松井さんに甘えて。すごくやりやすかったですし、頼もしかったです。

――ご自身の役に共感する部分や、共通点はありますか?

松井:仕事にまっすぐなところですね。仕事を始めてから、ずっと仕事のことを考えているっていうのは、志乃と自分がリンクするところだなと思いました。私は今29歳で、志乃は30歳。自分の人生設計で揺れ動いて悩んでいる彼女の感情には、共感する部分もありました。30歳目前の女性はみんな、「自分の本当の幸せってなんだろう」と考える時期なのかな、と思いながら演じていました。

鈴木:真雪の“好きなことにまっすぐな面”には、幼いながらも男らしさを感じて、大切に演じていました。男子として物事がはっきりしているところは尊敬できたし、志乃さんを思う気持ちだったり、後先考えずにその時思ったことを素直にできたりする行動力にも、すごく共感しました。

――松井さんは、この作品を機に「これまでの自分を振り返ることが増えた」とコメントされていました。

松井:周りの同世代では、結婚をしている人もいれば、子育てをしている人、仕事をしている人もいる。みんないろんな人生の選択をしているなっていうのをすごく感じたんです。私はこれまでどういう道を歩んできたのか、この先、何を幸せだと思って人生の選択していきたいのか、ということを改めて考えるきっかけになったと思っています。

――お互いの役に対する印象は、いかがですか?

松井:真雪くんは、とにかくかわいい(笑)。その中にしっかりとした男性らしさもあって、“かわいいと思っていたのに、表情が豹変した”みたいなギャップにキュンキュンしました。

鈴木:世間的には男性が女性を引っ張るイメージがあるけど、志乃さんと真雪が対峙する時には、そのバランスが違っていて。そのバランスを2人で保ちながら、いい距離感でお互いのことを思えていたんじゃないかなと思います。

――実際に年齢が離れていますが、撮影現場ではどのようにコミュニケーションをとっていましたか?

松井:合間の時間に「何が好き?」とか「何にハマッてる?」とかも話しましたけど、撮影に入る前にリハーサルのような時間をいただけたのが大きかったです。現場で「初めまして」じゃなかったので、安心感をもって撮影に臨むことができたと思います。

鈴木:僕も、撮影前に時間を設けていただけたのは大きかったです。すごく年の差があると言われているけど、自分はそこまで意識していなくて。先輩ですけど、演技をする上では対等でいなきゃいけないなと思っていたので、そこは深く考えないように撮影以外の時間は過ごさせていただきました。

――印象的だった撮影現場での出来事はありますか?

松井:真雪がスマホを持って暇つぶししているみたいなシーンを撮っている時に、仁くんがずっと携帯の機能を使ってお絵描きしていたのが印象的でした(笑)。たぶん本編にも「わかるかな?」くらいにチラッと出ていたので、探してもらえたらと思います。

鈴木:たしかに、そうですね(笑)。僕は、外のシーンが寒くて、松井さんとお互い震えていました。使い捨てカイロで温まりながら撮影していたのが印象的です。

――志乃と真雪は約10歳の年齢差ですが、“年の差恋愛”について、おふたりにはどのような思いがありますか?

松井:人と接する時、私は年齢よりもメンタル的な部分というか、考え方のマインドが近しい人と一緒にいることが多いんです。年が上でも下でも、一緒にいて居心地がいい相手、楽しいことを共有できる相手であれば、年齢は関係ないかなと思います。

鈴木:年下っていうとすごい年齢になっちゃうけど(笑)、年上は全然ありだと思います。小さい頃は結構年齢を気にすると思うけど、大人になっていくにつれてそこまで意識はなくなっていくのかなと思っていて。価値観だったり、考え方だったり、年上の方から話を聞いたほうが、自分の成長も大きいと思っています。

――松井さんが今作を通して感じた、年下男子の魅力はなんでしょうか?

松井:やっぱり「かわいいな」というのが一番ありますね。ちょこっと頼りないところとか、何かできないことがあっても、ちょっと背伸びしてがんばるみたいな。そういうところに愛情をいっぱい感じるというか、彼女のためにいろいろしてあげたいんだっていうのが、心に刺さるなと思いました。

――今作では、大人なラブシーンも多いですよね。

松井:私は受け身でいることが多かったので、「後ろからハグされるって、こんなにキュンとするんだ!」と思いながら、一つひとつ真雪くんとの間に起きるドキドキを志乃として楽しんでいました。

鈴木:台本をいただいた時に、そういうシーンが多いなという印象はありました。でも、撮影序盤に1話のホテルのシーンがあったので、最初にそれがあったから吹っ切れちゃったのかなっていう(笑)。甘えつつ、男らしく、かっこつけようとがんばっている真雪を自分の中で楽しんでいました。

――一方で、志乃の心が2人の男性の間で揺れ動く姿も描かれています。恋愛にかかわらず、天秤にかけてしまう気持ち、両方キープしておきたいという気持ちは理解できますか?

松井:わかるような、わからないような気持ちです(笑)。志乃としては、どちらも自分にとっての魅力があって、その魅力をどうしても天秤にかけてしまわざるを得ない状況にいたので、彼女の状況を考えるとわかるなという気持ちはありました。私自身は、何事もスパッと決めるか、悩んだ時にはやめる! という感じですね。

鈴木:僕は天秤にかけちゃう気持ちもわかりますし、経験もあります。小学校の時にサッカーとダンスをやっていて、中学でどちらかを選ばないといけなかったんです。でも、結局は“その時に思ったこと”が大事かなと。綺麗事のように決めるんじゃなくて、自分の一番素直な気持ちで決めないとダメだと思うんです。その時はサッカーを選びましたけど、失敗から学ぶこともありますし、潔く決めて、それでダメなら、人生長いのでもう一度やり直しもできるかなと思っています。

――志乃と真雪の関係は、新たな世界に思い切って飛び込むことから始まりますが、おふたりもそんなタイプに見えますね?

松井:やりたいと思ったことには飛び込めます。でも、そんなに興味がなかったり、どうしようかな……と悩んだりすることに対しては、前のめりにはなれなくて、慎重になりますね。

鈴木:僕は飛び込めます。この業界に入ったのもそうですし、新しい場に飛び込むことがすごく好きなので、高校もあえて誰も知り合いがいないところを選びました。知り合いがいると「こういう人間なんだ」という基本が根付いちゃうけど、それがなければ新しい自分でいられるから。新しい場所で、自分の新しい一面を開いていけたら、という気持ちがあるので、新しいことへの挑戦にためらいはないです。

――今作は運命の再会がきっかけでストーリーが動き出します。おふたりは運命を信じていますか?

松井:「信じています!」とも言えないんですけど、あったら素敵だなと思います。運命というか、必然というか。今、仲が良い人や、周りにいる人も“縁”だと思うので、何かを繋げてくれるものがあったら素敵だなと思っています。

鈴木:僕は、信じています。人は第一印象がすごく大切だなと思っていて、そこに運命を感じるんです。face to faceで初めて喋った時の感覚を信じているので、運命の出会いに恵まれたいです(笑)。

――最後に、視聴者の方にはどんな気持ちでドラマを見ていただきたいですか?

松井:ちょっと大人なラブストーリーですが、見ている方には志乃の心の揺れ動きを一緒になって楽しんでいただきたいです。あとは真雪くんがとにかくかわいいので、毎回毎回、真雪くんにキュンキュンしてもらえれば、オールOKだと思っています!

鈴木:年下の男の子が女性を振り回す様を楽しんで見てもらえたらと思いますし、僕には「年下男子を勇気づけたいな」という思いもあるんです。勇気を持って行動すれば、素直な行動をかわいいと思ってもらえるし、愛らしくも思ってもらえる。そんなふうに感じてもらえたら嬉しいです!

(取材・撮影:勝浦阿津希)

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル