top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ソフトバンク・今宮健太 チームリーダーとしての自覚/リーダーの決意

週刊ベースボールONLINE


今季の今宮はプレーだけでなく、言動にも注目だ

 守備のスペシャリストはチームの中心としての存在感も増している。昨季、5年連続のゴールデン・グラブ賞に輝いた今宮健太は、打率.264、14本塁打、64打点、15盗塁といずれもプロ8年目で最高の数字を残した。今年で27歳とレギュラー陣の中では年少だが、「いつまでも先輩たちに頼っていては成長はない。松田さんにも柳田さんにも、言うべきときには言う」と責任感をにじませる。

球団からは「リーダーシップをもっと発揮してほしい」とニューリーダーとしての期待を背負う。選手会でも副会長。試合では守備の要の遊撃を担う。「自分が言う以上、自分もちゃんとしなくちゃいけない」。それは入団時からの“師匠”だった鳥越裕介コーチから受け継いだDNAでもある。二軍監督、一軍の内野守備走塁コーチとして常に教えを請うた“師匠”は今季からロッテのヘッドコーチ兼内野守備・走塁コーチを務める。「自分が成長できるチャンス。もっと上にいけるかいけないかを左右する1年になる」とさらなる成長を高らかに誓う。

日本一連覇へと向かうチームを引っ張るためにも打撃力向上を掲げる。「昨年はキャリアハイと言われたけど、最低限の成績を残しただけ。打率3割がプロでの目標なのでクリアしたい」。1月は福岡県北九州市で同じポジションを争う高田知季、曽根海成、川瀬晃と自主トレを行った。「今までにいないショートだと言われるように自分でつくりあげていきたい」。得意の守備でもチームの士気を高めていく。

写真=湯浅芳昭

TOPICS

ランキング

ジャンル