top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

上白石萌音、“歌手”としての才能を存分に発揮した初のオンラインワンマンライブ『i note』 2021年カバーアルバムのリリースも発表

SPICE

上白石萌音、“歌手”としての才能を存分に発揮した初のオンラインワンマンライブ『i note』 2021年カバーアルバムのリリースも発表

9月19日(土)、上白石萌音がオンラインライブ『i note』を開催した。

『i note』は、上白石にとって初となるオンラインでのワンマンライブ。ライブは、アルバム『note』の1曲目でもある「白い泥」からスタート。冒頭からアカペラで力強く歌い出し、軽快なバンドサウンドと共に「嬉しくてたまらない」といった表情で伸びやかに声を響かせる。約3年ぶりのワンマンライブとあって、オンラインとはいえファンに直接歌を届けられるこの日をいかに待ち望んでいたかが伝わってくる。


上白石萌音 オンラインワンマンライブ『i note』



ライブは、先月リリースされたアルバム『note』に収録される曲を中心に構成。アルバムは、GLIM SPANKY、内澤崇仁 (androp)、水野良樹(いきものがかり)、大橋トリオ、野田洋次郎ら多数のアーティストが楽曲提供に名を連ね、その豪華さで話題となっていた。オリコンウィークリーチャートで3位を記録するなどチャート面でも好評価を得ているが、彼女の持つ何よりの魅力は、素朴で温かみのある歌声が個性豊かな楽曲たちに寄り添って変化し、時にノスタルジックに、時にパワフルに「上白石萌音」という声を通して自然とひとつに纏めていけるところだ。女優業での活躍が目覚ましいだけに、歌手としての活動に関しては、ただの「女優の歌手活動」と誤解を受けることがあるかもしれない。しかし、このライブでは、音楽が好きで好きで堪らない“歌手”としての上白石が、楽曲の魅力を最大限に表現する才能を存分に発揮していた。


上白石萌音 オンラインワンマンライブ『i note』



上白石自身が作詞を手がけ、理想の休日をつづったという「あくび」や、GLIM SPANKYの提供楽曲であるロックチューン「From The Seeds」などの曲を歌い進めた後、続いて荒井由実の名曲「ルージュの伝言」を歌唱。「(カバー曲を歌ったことを)なんで? と思った方もいると思います。実はここで発表があります!」と手書きのフリップを取り出し、2021年にカバーアルバムのリリースを予定していることを発表。そして、同アルバム収録曲のリクエストを募ることを伝えた。これだけオリジナル楽曲に恵まれた彼女の次作がなぜカバーなのか疑問に持つ人もいるだろう。が、以前から音楽リスナーとしても貪欲さを持つ上白石は、「自分を媒介して知るきっかけになってくれたら」と語っていた。カバーアルバムは、まさにその媒介者となるべくリリースする作品となるだろう。


上白石萌音 オンラインワンマンライブ『i note』



ライブでは、カバーアルバムへの布石となるような1970年代のヒット曲「異邦人」のカバーも披露。恋する真っすぐな気持ちを歌った曲「ハッピーエンド」、「ハッピーエンド」とつがいになる楽曲「ストーリーボード」、図らずともこのコロナ禍に人々の心に寄り添う曲となった「夜明けをくちずさめたら」を歌唱し、本編は終了。白石は、2曲のアンコールを含め、全14曲を披露。コンパクトで充実したセットリストなだけに、本来の形でのライブがさらに待ちどおしくなる約1時間半だった。


上白石萌音 オンラインワンマンライブ『i note』



また、この日は上白石萌音オリジナルのワイヤレスイヤホンの発売も発表された。イヤホンは、直筆の文字を使ったデザインに、上白石による音声ガイドやシークレットボイスも収録した本人監修の特別仕様だ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル