top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ミュージカル『ポーの一族』は千葉雄大×明日海りおで「美の化身」の饗宴!「原作そのまま」「美の暴力」 とネットがザワつく事態に

Pouch[ポーチ]

ミュージカル『ポーの一族』は千葉雄大×明日海りおで「美の化身」の饗宴!「原作そのまま」「美の暴力」 とネットがザワつく事態に

2021年1月から上演されるミュージカル・ゴシック『ポーの一族』で、元宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りおさんと千葉雄大さんが共演。

おふたりの美しすぎるビジュアルが公開されて、ネットを中心に注目を浴びています。

千葉さんがミュージカルに出演するのはこれが初めて。これは要注目ですよ……!

【それぞれの魅力がさく裂してます!】

今回千葉さんが演じるのは、アラン・トワイライトという名の少年。

明日海りおさん演じるエドガー・ポーツネルと共に、時空を超えた永遠の旅を続けます。

アランに扮した千葉さんは、少女漫画からそのまま飛び出してきたかのよう。金髪や碧眼もよく似合っていて、もはやこの世のものとは思えない美しさです……!

対する明日海さんも、 “美の化身” という感じ。

千葉さんは「可憐で儚げな美少年」、明日海さんは「男性的な色気もたたえた美青年」といった印象で、異なる魅力が溢れているところもたまりませんっ。

【ネットの声「美の暴力」】

おふたりの神々しいビジュアルは、ツイッターでも超話題に。一時は「千葉雄大」がトレンド入りを果たしたほどで

「なんという美の暴力」
「2人の並び、なんて美しいんや 原作そのまんまじゃないか」

といった具合に、コメントもたくさん集まっています。

【宝塚ファン大注目のミュージカルです】

ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』は、萩尾望都さんの代表作でもある同名漫画が原作です。

鬼才・小池修一郎さん脚本&演出のもと、2018年に宝塚歌劇団花組にて初演。明日海さんはエドガー役を務めていました。

ツイッターを見るかぎり、3年ぶりのカムバックを宝塚ファンのみなさんも楽しみにしているよう。

また千葉さんがアランを演じることについても歓迎ムードで、チケットが争奪戦になる予感しかしません。

1月に大阪・梅田芸術劇場、2月に東京国際フォーラムで上演されること以外、詳細がまだ明らかになっていないので、続報を待つことにいたしましょう~!

参照元:ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』Twitter @poe_musicalTwitter検索 千葉雄大
執筆:田端あんじ

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル