低予算で本格的なオーディオシステムをもう一度
低予算で本格的なオーディオシステムをもう一度
オーディオやIoT関連機器を輸入するバリュートレード(東京)は、英国ブランドのケンブリッジオーディオのプリメインアンプ「Topaz AM5」とCDプレーヤー「Topaz CD5」を発売した。注目は…

 オーディオやIoT関連機器を輸入するバリュートレード(東京)は、英国ブランドのケンブリッジオーディオのプリメインアンプ「Topaz AM5」とCDプレーヤー「Topaz CD5」を発売した。注目はなんと言ってもその価格で、何と1万9,800円(税別)としていることだ。同ブランドは1986年創設でオーディオファンにもおなじみの伝統のブランド。日本向けに徹底したコストの見直しによって、この価格を実現しているという。本格的にオーディオを始めたいけれど、やっぱりネックとなるのは機器の価格。もう一度オーディオをと考えている人にとって、これはグッドニュースだ。



 両機ともにごくオーソドックスで実質的なフルコンポサイズの作り。「Topaz AM5」は25W+25Wとパワーよりも品位にこだわったオリジナルのアンプ回路を積んでいる。入力は4台までのオーディオ機器のほか3.5mmステレオミニ端子を備えポータブルプレーヤーも接続可能。簡単な音質補正のためのトーンコントロールも備えている。サイズ・重さは、幅430×高さ80×奥行340mm・5.1kg。





 「Topaz CD5」は信号の読み取りが高精度なCDメカニズム、CDのデジタル信号をアナログの音に変換するDAC部には同じ英国ウォルフソン社製のWM8725という定評あるデバイスを使っている。MP3やWMAの音楽データを焼いたCD-RやCD-RWの再生も可能。幅430×高さ75×奥行305mm・4.3kg。



(更新日:2018年2月13日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME