【DeNA】伝統のメニュー「ブドウ畑」【キャンプ取材現場発】
【DeNA】伝統のメニュー「ブドウ畑」【キャンプ取材現場発】
投手陣の下半身強化12球団それぞれ特徴あるメニューが見られるのもキャンプの醍醐味の一つ キャンプではシ

投手陣の下半身強化



12球団それぞれ特徴あるメニューが見られるのもキャンプの醍醐味の一つ

 キャンプではシーズン中には見ることができない練習メニューが見ることができる。例えばベースランニング。安打を放った際の一塁オーバーランの確認、二塁から単打でホームにかえってくる練習など野手陣が黙々とメニューをこなしている。

 どうすれば最短距離でベースを回れるのか──少年野球や高校野球でも行われている走塁練習をロペスや筒香嘉智が真剣にやる姿は非常に新鮮だ。

 そんな“キャンプならでは”の光景に「ぶどう畑」がある。投手陣が行うメニューで、左右に転がされるボールをリズムよく処理していくのだが、頭上の低い位置に張られたネットがミソ。屈んだ状態をキープしながらゴロ捕球をせねばならず、下半身強化につながるのだという。

 左右に10往復もすれば太腿や下半身への負荷はかなりのもので、投手陣からは悲鳴の声が上がっていた。ゴロを転がす木塚敦志投手コーチが現役時代から受け継がれている伝統のメニューが、投手陣の足腰をつくっている。

文=滝川和臣 写真=小山真司
(更新日:2018年2月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME