誘拐された女優の演技を見抜いた章、木村拓哉主演『BG〜身辺警護人〜』第3話レビュー
誘拐された女優の演技を見抜いた章、木村拓哉主演『BG〜身辺警護人〜』第3話レビュー
木村拓哉が主演を務めるテレビ朝日系列ドラマ『BG〜身辺警護人〜』。2月1日(木)に放送された第3話では、キムタク演じるボディーガードの章が、偽装誘拐された女優を、繊細な感性で、忠実にそして全力で護る!

第3話

今回の「日ノ出警備保障」身辺警護課のボディーガード・島崎章(木村拓哉)に依頼されたのは、一億円の現金輸送の警護だった。

現金輸送警護の経験豊富な高梨雅也(斎藤工)とともに章は警護にあたることに。

依頼人は、芸能事務所の社長・坂東光英(西村まさ彦)。
事務所に所属するCMから映画主演までこなす人気タレント・かのん(三吉彩花)がある日引退すると言い出し、彼女を引き止めるために、現金一億円を支給することにしたという。

坂東は章たちを連れて現金を持って車に乗り込み、行く先を告げずに出発する。

坂東の言動を怪しく思った高梨は、何かがおかしいと感じ、章にこの依頼を断ろうと言い出す。

身辺警護依頼の本当の理由

章はかのんが誘拐されたのではないか? と切り出す。
すると坂東は、事件を告白する。
章が「一億円は身代金でした」と課長・村田五郎(上川隆也)に報告すると、村田は警察に連絡しようとする。

しかし坂東は、警察に知られたら、かのんの命も、またタレント生命も絶たれるとして、何とか警察に連絡してしないで解決してほしいと章たちに懇願する。

警視庁SP vs 民間ボディーガード

一方、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、人気キャスターから政治家に転身し、厚生労働大臣となった立原愛子(石田ゆり子)に呼び出され、担当のSPとそりが合わないから、民間のボディーガードの章に、今後は警護を依頼することにしたと告げる。

誘拐の背後に見え隠れする真実に勘付く章

犯人から連絡を受けた坂東は、犯人が指定したショッピングセンターのコーヒーショップでの現金の受け渡しの提案を受け入れ、そこへ向かう。

章たちは、坂東のマネージャーと偽って同行するが、犯人は、章たちの動きを見て警察だと判断し、交渉は終了だ、と宣言する。

章は、我々は警察ではない、ボディガードだと懸命に主張。
犯人は、章にそれを証明するために彼だけが坂東を離れて行動するよう命じるのだった。

しかし章は、犯人との電話でのやり取りの中で不可解な点を見出し、この件が、純粋な誘拐事件ではなく偽装誘拐事件ではないかと推察するのだった。

騙されたのは…

高梨はSNSなどから、かのんを誘拐したのは、かのんの同級生で借金のある男ではないかと考える。

坂東は、その男がかのんをたぶらかしていると考え別れさせようとしたが失敗していた。

かのんは男に騙されていて、2人で共謀し社長から一億円を奪い、芸能界を辞めようとしていたのだった。

武器はなくても、勝つことはできる!

男の指示通り、1人で現金を抱え、指定された橋の上へと向かう章…。
するとかのんが泣きながら橋の上へやってきて、お金を置くように章に指示する。

すると章は橋の欄干に一億円の入ったカバンを置くが、カバンが川に落ちそうになり、橋にぶら下がる。

するとお金が川に落ちては困ると思った男たちは車から出てきて、お金の入ったカバンを奪う。
章はかのんに逃げるように指示し、男たちを取り押さえるのだった。

次回第4話は、2月8日(木)よる9時から放送。

テレビ朝日系列ドラマ『BG〜身辺警護人〜』。
愛子から身辺警護の依頼を受けた章だったが、人間ドックに入る病院から抜け出し3時間以内に目的を果たして戻る…という謎めいたミッションの裏にはある目論みが…!?
次回第4話は、2月8日(木)よる9時から放送。

番組公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/bg/

(更新日:2018年2月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME