top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

太ももの間に“すき間”を!O脚を予防しつつ【ほっそり脚】をめざす簡単習慣

beauty news tokyo

憧れのほっそり脚を叶えるための重要ポイントは何と言っても太もも。太ももの間に“すき間”があるだけで脚はより細く見え、しかもメリハリ感まで与えてくれます。そこで習慣に採り入れたいのが、寝転んだ状態で太もも内側の「内転筋」を鍛えることができるピラティスの簡単エクササイズ【レッグアブダクション】です。

▶︎太もも内側に“すき間”が出現!1日20回【しなやかなスラリ美脚】をめざす簡単習慣

レッグアブダクション

寝そべったまま行えるシンプルな動きのエクササイズながら、太ももの引き締め効果の他、骨盤を安定させたり、O脚の予防が叶ったり、姿勢を改善したりと様々な美脚効果を期待できます。

(1)左脚を下にして横向きに寝て、左肩の真下に左ひじを置いて上半身を起こす

(2)右脚を左脚の前に出してひざを曲げる

(3)息を吸い、息を吐きながら左脚を上下に20回動かす

▲上半身をしっかり肘で支えて内ももに負荷がかかっていることを意識しましょう。また、脚を上げる際は、できる限りの高さまで真上に上げると最大の効果を発揮します

反対側も同様に行います。なお、効果をしっかり得るためには「腰を反らせることなくお腹の位置をキープする」のがポイント。腰が反ってしまってお腹の位置が下に落ちてしまった状態(下写真)になると肩の位置が上がってしまって、太もも内側に負荷がかからなくなってしまいます。

▲腰が反ったり、お腹の位置が落ちてしまったりすると効果を得られません

寝ながらできるエクササイズなので、TVを観ながら、リラックスしながらできるのも嬉しいポイントです。ぜひ気付いた時に小まめに実践して、引き締まったメリハリ美脚を手に入れてくださいね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

TOPICS

ジャンル