平昌五輪「代表美女」のつぼみ時代(6)スキージャンプ高梨沙羅&勢藤優花
平昌五輪「代表美女」のつぼみ時代(6)スキージャンプ高梨沙羅&勢藤優花
   平昌オリンピック開会式まであとわずか。金メダル候補から注目候補選手まで、彼女たちの原点を追った。本人&両親が「飛躍の転機」を明かしてくれた    父兄ともに選手だったことを考えれば、高梨沙羅(2 […]

高梨沙羅

 

 平昌オリンピック開会式まであとわずか。金メダル候補から注目候補選手まで、彼女たちの原点を追った。本人&両親が「飛躍の転機」を明かしてくれた

 

 父兄ともに選手だったことを考えれば、高梨沙羅(21)がジャンプにのめり込んだのは自然の流れだった。本格的に競技を始めたのは8歳のとき。

 

「幼いころから練習量は凄まじかった。天才とよく言われるけど、努力の天才」(当時を知る関係者)

 

 5年後には代表入りし、W杯の通算勝利数は男女合わせて最多タイの53勝。だが、今季は4戦で3位2回と調子はいまひとつ。平昌五輪は復活の舞台となるか。

 

勢藤優花

 

 もう1人の注目選手が、2016年の全日本選手権でついに高梨に勝利した勢藤優花(20)だ。

 

「高梨選手とは幼稚園からの幼馴染み。ジャンプを始めたのは優花が1年、早かった」(父・則幸さん)

 

 しかし、とてもライバルとは呼べない状態が続いた。

 

「出場できなかったソチのあと、目の色が変わった。船木和喜さんの指導を受け、結果を出せるようになりました」(同)
(週刊FLASH 2018年1月16・23日合併号)

(更新日:2018年2月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME