【高額年俸選手ランキング】最高は柳田悠岐(ソフトバンク)の5億5千万! 年俸3億円以上の男たち
【高額年俸選手ランキング】最高は柳田悠岐(ソフトバンク)の5億5千万! 年俸3億円以上の男たち
 プロ野球はキャンプイン。年末年始にかけて契約更改が終わり、今季の年俸も明らかになってきた。 一昔前は「1億円」が大台だったプロ野球界もインフレが続き、今や「3億円」が大台。今季、3億円以上の年俸を得る選手たちをランキング形式で紹介しよう。

(年俸はすべて推定) ◎年俸3億円以上の選手ランキング

■1位:5億5000万円
柳田悠岐(ソフトバンク)

 金子千尋(オリックス)らを抜き去り、契約更改でトップに躍り出たのは柳田悠岐(ソフトバンク)。当初は4億円の3年契約と見られていたが、驚きの提示で柳田をがっちりキープした。今季中にFA権を取得するが3年間は安泰。ファンがひっそりと待ち望むメジャー挑戦はその後か。3年間で柳田の年俸を超える選手が現れるかにも注目だ。

■2位タイ:5億円
金子千尋(オリックス)
サファテ(ソフトバンク)
メヒア(西武)

 金子千尋は4年契約の3年目、メヒア(西武)は3年契約の2年目、サファテ(ソフトバンク)は3年契約の3年目。昨季、サファテはシーズンと日本シリーズのMVPを両獲りしたが、金子千尋とメヒアはやや不完全燃焼。今季は発奮したい。

■5位:4億円5000万円
菅野智之(巨人)

 巨人のエース・菅野智之が2億3000万円から大幅アップで4億円プレーヤーの仲間入り。海外FAまであと4年あるが、この調子で活躍を続ければ、国内では巨人を含め、手に負える金額ではなくなりそうだ。

■6位タイ:4億円
バンデンハーク(ソフトバンク)
和田毅(ソフトバンク)
攝津正(ソフトバンク)
デスパイネ(ソフトバンク)
内川聖一(ソフトバンク)
松田宣浩(ソフトバンク)
ゲレーロ(巨人)
鳥谷敬(阪神)
糸井嘉男(阪神)

 バンデンハーク、和田毅、攝津正、デスパイネ、内川聖一、松田宣浩と、ずらりと並ぶソフトバンク勢。柳田とサファテを合わせれば計8人の4億円以上のプレーヤーが在籍している。

 そのなかで、稼動がやや厳しいのは攝津正。3年契約の3年目だが直近2年はわずか2勝。今季は下がり幅をどこまで食い止めることができるか。シーズン初戦がカギを握る。

 ゲレーロ(巨人)、糸井嘉男(阪神)、内川聖一は4億円プレーヤーに新加入。糸井はFA規約により昨季は2億8000万円の契約だったが、予定通りの増額。

■15位:3億6000万円
五十嵐亮太(ソフトバンク)

■16位:3億5500万円
マシソン(巨人)

■17位タイ:3億5000万円
メッセンジャー(阪神)
筒香嘉智(DeNA)
坂本勇人(巨人)
青木宣親(ヤクルト)

■21位:3億4500万円
ジョンソン(広島)

■22位:3億4000万円
ロサリオ(阪神)

■23位:3億3400万円
バレンティン(ヤクルト)

■24位タイ:3億円
岸孝之(楽天)
増井浩俊(オリックス)
陽岱鋼(巨人)

 15位の五十嵐亮太(ソフトバンク)から24位タイの岸孝之(楽天)、増井浩俊(オリックス)、陽岱鋼(巨人)までは名前のみ紹介とするが、3億円プレーヤーは以上。己の体ひとつで目から鱗の高額年俸を掴んだ男たち。今季の活躍に期待したい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

(更新日:2018年2月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME