アメリカのキッチンはアメージング【アメリカ】
アメリカのキッチンはアメージング【アメリカ】
アメリカのキッチンは、日本と異なる点がたくさんあります。その1つが、キッチンのメインの場所ともいえるガスレンジ、この状況を見ただけで「え?

アメリカのキッチンは、日本と異なる点がたくさんあります。その1つが、キッチンのメインの場所ともいえるガスレンジ、この状況を見ただけで「え?」と思いませんか。

ガスレンジの真上に電子レンジがあります。こんな危険な配置でも良いのか気になりますし、換気扇はどこにあるのかと謎だらけですよね。



実は、この電子レンジの真下に換気扇がついています。こういったタイプになっているキッチンがアメリカでは主流です。

では、どこに換気されていくのかと言うと、電子レンジを通って、煙突のような所を通って外に喚起されるようになっています。ですので、電子レンジの中が換気扇を使っていた時の料理のにおいがたまっていることがあります。換気扇のスイッチは電子レンジについていて、風量も大中小と3タイプあります。




ちなみに、換気扇は、通常はにおいなどを吸い込んで、それを外に出すものですが、換気扇から風を出して、においを散らすというタイプのモノもアメリカにはあります。

(更新日:2018年2月9日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ネタ/ライフ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME