top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

西野七瀬演じるくるみがみどりに“喝”!成長ぶりに視聴者「関西弁で励ますの可愛すぎ」の声『アンサング・シンデレラ』第10話

テレビドガッチ


石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第10話が、9月17日に放送。インターネット上では、西野七瀬演じる新人薬剤師・相原くるみの成長ぶりについてコメントする視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原)が、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

みどりの先輩薬剤師・瀬野章吾(田中圭)は、重複がんであることが発覚。瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)、担当薬剤師はみどりとなった。一番の問題点は、標準治療が確立されていない副腎がん。みどりは、薬剤部の面々に、唯一効果が期待できるミトタンを使うと話した。そこに入院の手続きを終えた瀬野がやってきた。彼は「今日から患者です。心配するなって。ちゃんと戻ってくるから。それまでここ、頼んだぞ」と明るくふるまうが、メンバーは一様に暗い顔をした。

7週間が経過したが、ミトタンによる効果は得られなかった。有効な手段を探していたみどりに、薬剤部で治験管理を担当する七尾拓(池田鉄洋)は海外に有効性のある薬FP258があることを教える。しかし、萬津総合病院で使うためには条件が。畑中に治験責任医師になってもらうこと、治験審査委員会で承認を得ること、瀬野の同意を得ること、そして、そのすべての責任をみどりが背負うことだった。みどりは薬剤部のメンバーにFP258のことについて話すが、主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)は、ハードルの高さはもちろん、準備のために他の患者の対応がおろそかになる、と後ろ向きに。

そんな中、七尾は委員会に承認をもらう前に瀬野に薬の存在を明かし、先に同意を得るべきだと進言。早速みどりは瀬野へ薬のことを話すが、彼は難色を示す。そこに七尾がやって来ると、瀬野は「希望を与えないでください」と言い残し、その場を後に。じつは、がんで亡くなった瀬野の母を担当したのが七尾。当時も治験薬を試したが効かなかったことを明かした。

瀬野に助かってほしいため、彼が助かる手立てはないか、必死に調べ物をするみどり。しかし、他の患者の対応も頭をよぎる。今になって「患者がしてほしいことをやれ」「患者のために働け」と瀬野からの言葉が身に染みて、みどりは心が折れそうになっていた。

そこに「らしくないですよ」とやって来たのはくるみ。落ち込むみどりに対して、先輩はすべての患者に向き合い、頼りがいがあったと回顧。彼女の言葉を聞いたみどりは「すべての患者さんに、同じように丁寧にって思うけど、全然ダメだ」とさらに落ち込む。くるみは「ほんま。全然ダメやん」とつぶやくと「だけど、そういうときのために私たちがいるんじゃないんですか?」と問いかける。そこに奈緒子がやって来てみどりの覚悟を問う。彼女の本心を聞いた奈緒子は「分かった。資料作りは私も手伝う」と手を差し伸べる。ほかのメンバーも同様に、みどりのフォローを行うと宣言した。メンバーの思いにみどりは号泣。瀬野のために準備を始めた。後日、くるみはみどりが手こずっていた薬を拒否する患者に対して、独自のアプローチをかけて成長を見せる。

ネット上では「1人の薬剤師として頼もしい存在に。しっかり成長してるよ本当に」「関西弁で励ますの可愛すぎやろ」「こんなに可愛い薬剤師に説明されたらどんな薬でも治りそうなんだけど。そこんとこどう??」といった声があった。

次回9月24日は最終話。みどりが瀬野の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過。しかしみどりは萬津産婦人科医院で働いていて……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル