top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小泉今日子 亡き姉の墓前へ…略奪愛公表の裏にあった極秘報告

女性自身

《結局ヨーコさんの56年の人生は楽しかったのか? 幸せだったのか? やりたいこととか、行きたいこととか、言いたいこととか、本当はたくさんあったのではないか?と、時々考えてしまう》

《ヨーコさんの死によって、残された人生の時間についても改めて考えるようになりました》

姉・葉子さんは、がん闘病の末に亡くなった。

「まず大腸がんが発見され、手術したものの、肝臓や肺、最終的には脳にも転移したのです。その闘病は壮絶なものでした」(小泉家の知人)

姉が他界した50代を迎えるにあたって小泉は「この仕事は本当にやりたいものなのか?」「もっと自分の幸せを大事にするべきではないか?」など、懊悩の日々を送ったことだろう。そしてたどり着いたのが、“愛する男性といっしょに生き方を変える”という決断だったのだ。そんな彼女は、今後はどのように活動していくのだろうか?

広告の後にも続きます

「プロデュースのほうに比重を移していきたいと考えているそうです。特に自分で演出も出演もする舞台を目指していて、豊原さんにも協力してもらうつもりだそうです」(小泉をよく知る舞台関係者)

衝撃の告白から一夜明けた2月2日、小泉は3月に出演を予定している舞台『毒おんな』の稽古場に現れた。駆けつけてきた報道陣からの質問や無数のフラッシュにも怖じる様子を見せず、彼女はこう答えている。

「自分の罪は自分で背負って生きていきます」

毅然とした意志が込められていたが、きっと亡き姉の墓前でも、彼女は同じ言葉を誓っていたに違いない――。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル