top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

東京餃子の名店『おけ以』「玉子チャーハン」が餃子に劣らぬ旨さだった!

食楽web

食楽web

 先日、どうしても絶品の餃子が食べたくなり、東京の餃子といえばココ! と言われる『おけ以』に来店しました。腹ペコの私が「餃子だけじゃ物足りないかも…」とメニューを見ていたところ、常連客の「ギョウタンね!」(タンメンと餃子を注文する際の常連客ならではの呼称)という声が聞こえてきます。実はこの店、餃子以外にも、あっさりとした味わいのタンメンが有名なのです。そんなタンメンに心が揺れつつ、頼んだのは「玉子チャーハン」。実はこの「玉子チャーハン」、やみつきになる人が続出するほど美味しいという噂を聞き、どうしても食べてみたかったのです。

 ちなみに、メニューにはカニチャーハンもありますが、「玉子チャーハン」がイチオシです。なぜなら、『おけ以』の真骨頂である“シンプルで優しい味”を存分に堪能できるから。

“シンプルで優しい”玉子チャーハンとは、どんな味?

「玉子チャーハン」720円

 餃子を1個、頬張った絶妙なタイミングで、チャーハンが中華スープとともにやってきました。綺麗にこんもり盛られた、チャーハン山。崩すのがもったいないくらい綺麗な半円を描いています。

 具は卵とネギ、グリンピース、そしてボイルして油抜きした豚肉。味付けはほとんど塩コショウ(旨み調味料もパラッと)だけ。王道のチャーハンらしい形とうっすらとした色合いに魅せられます。その合間にも漂ってくるのが香ばしく、どこか上品さを感じるいい香り。たまらず、レンゲですくい上げて「いただきます!」

 なんでしょう…素朴で優しい味。ご飯は絶妙なパラパラ感のなかに、卵をまとったしっとり感もあり。そして圧巻は、噛みしめるたびに深まっていく味わい。気づけば、無心になって頬張っていました。豚肉をボイルするなど、ちょっとした工夫が行き届いているからこそ、ベタつきがなく、サラサラと無限に食べれそうなチャーハンに仕上がっているんですね。美味しい! の一言が、じわじわと押し寄せてきます。

程よく色づいた中華スープ

 時折いただく中華スープは意外とコクがありながら、口の中をリセットしてくれます。そして、この優しいチャーハンは「餃子」の旨みをホールドしてくれる包容力さえあるのです。

餃子は欠かさず頼みましょう! 1人前(6個入り)620円(税込)

 町中華のレジェンド『おけ以』は「いつ訪れても、何を食べても美味しい!」と改めて実感させてくれた“玉子チャーハン”。きっとすぐ、食べに出かけたくなるに違いありません。

(撮影・文◎草地麻巳)

●SHOP INFO

餃子の店 おけ以

住:東京都千代田区富士見2-12-16
TEL:03-3261-3930
営:11:30~13:50(L.O)、17:00~20:40(L.O)
休:日曜・祝日・第3月曜
https://okei-gyoza.com/

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル