中日・京田陽太の変わったもの、変わらなかったもの

中日・京田陽太の変わったもの、変わらなかったもの
春季キャンプで汗を流す京田 2017年、京田陽太は5年連続のBクラスに沈んだチームの中で、強い輝きを放った

春季キャンプで汗を流す京田


 2017年、京田陽太は5年連続のBクラスに沈んだチームの中で、強い輝きを放った。

 開幕スタメンに抜てきされると、主に「一番・遊撃」として主力に。俊足を生かしてセ・リーグの新人では歴代2位となる149安打を放ち、新人王を獲得。今季は「3割」「35盗塁」と高い目標を掲げ、沖縄・北谷町での春季キャンプで汗を流している。

 昨季はチーム最多の141試合に出場した京田。試合経験を積む中で、変化を見せたものがある。守備では開幕当初、球際の弱さを指摘されることもあったが、奈良原浩コーチや森脇浩司コーチの指導もあり、次第に安定感を増していった。

「後半戦は、前半戦に比べると落ち着いてプレーできるようになったとは自分でも感じています。最初はすべての打球を正面に入って捕ろうとしていたんですけど、それでは追いつけない打球もありますし、片手で捕ったほうが送球につなげやすい場合もある。基本をおろそかにするわけではありませんが、いい意味で崩せたところもありました」

 初めて身を置く環境への慣れ。プロの世界への順応していった京田だが、変わらないものもあった。

「141試合に出てもダメでしたね。試合前には、緊張で固形物が喉を通らなかったんです。栄養はゼリーなどで取るようにしていましたが、さすがに夏場は体重が落ちました」

 グラウンドでは落ち着いたプレーを見せながらも、その裏ではプレッシャーと戦っていた。それでも、今季は「143試合フル出場」を宣言。重圧をはね返さんとする竜の韋駄天の2年目に注目だ。


文=吉見淳司 写真=BBM
更新日:2018年2月5日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME