「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
シリーズファンだけでなく、新規ユーザーへの訴求にも成功したPS4ソフト『モンスターハンター:ワールド』。すでに出荷本数が、全世界合計で500万本を突破しており、シリーズ史上かつてない好スタートを切っています。

「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

シリーズファンだけでなく、新規ユーザーへの訴求にも成功したPS4ソフト『モンスターハンター:ワールド』。すでに出荷本数が、全世界合計で500万本を突破しており、シリーズ史上かつてない好スタートを切っています。

本作には14種類もの武器が登場し、それぞれの特徴を活かした戦い方を楽しめます。使いやすいものから、コツはいるけど長所を引き出せば大ダメージを与えられるものなど様々。そこでインサイドでは、「『モンスターハンター:ワールド』でどの武器を使う?」といったお題でアンケートを実施しました。果たして、どの武器に人気が集まったのか、気になる方はしっかりとチェックしてみてください。

◆下位グループは、支援系が多め?

残念ながら最下位となったのは、「狩猟笛(76票:3.7%)」。気絶も狙える打撃武器で、旋律によるサポートも可能。他の武器にはない特徴を持ち合わせていますが、使用武器の人気としては惜しい結果となりました。

また、13位は「ライトボウガン(78票:3.8%)」、12位は「片手剣(83票:(4.1%)」がランクイン。ライトボウガンは、状態異常を引き起こす様々な弾が使用でき、仲間との連携でより力強さを発揮します。片手剣は、武器を構えたままアイテムが使えるのでトラップの設置なども素早く、さらに体力の少ない仲間を「生命の粉塵」などで助けるといったプレイもしやすい武器です。


こうして見ると、仲間の支援がしやすい武器にはあまり人気が集まっていないように感じられます。武器そのものに人気がないというよりは、「誰かに任せたい武器」といった位置付けなのかもしれません。

そして11位には「ハンマー(105票:5.2%)」、10位には「ランス(129票:6.3%)」がそれぞれ食い込みました。いずれも、過去のシリーズ作品や特定のモンスター相手には非常に強力な武器として活躍しましたが、事前のアンケートでは総じて低めの人気となりました。



中間グループも激戦、5位と9位がわずか“1.5%”差

◆シリーズ最初期の武器から操虫棍まで、激しい人気争い!

『モンスターハンター 4』から登場した「操虫棍(138票:6.8%)」が、今回は9位という結果に。比較的歴史が浅いため、愛用者の人口にも影響しているのかもしれません。また、戦い方も特徴的で、「猟虫」でエキスを集めて自己を強化。さらに、空中を基点とした立体的な攻撃も可能と実に個性的ですが、それだけに「難しそう」というイメージを持たれやすいのかもしれません。


8位は、流麗な動きも特徴的な「太刀(140票:6.9%)」。刀身の長さゆえにリーチもあり、また動きも滑らかで見応えがあります。「気刃斬り」で攻撃力を高めることもでき、使いこなせば洗練した立ち回りが可能ですが、この「気刃斬り」の管理が大変と感じている方も少なくなさそうです。


ここから上位勢となり、7位に滑り込んだのは「双剣(149票:7.3%)」。怒濤の連続攻撃が頼もしく、手数の多さでは他の追従を許しません。また「鬼人化」を使いこなせば、与ダメージが更にアップ。反面、リーチが短いので攻撃を食らう危険も大きく、またガードがないので被弾する恐れが高めです。


中距離からの攻撃を得意とする「弓(164票:8%)」が6位に。絶妙な距離感と様々なビンを使いこなし、的確にダメージを与えることが可能。他の武器もそうですが、特に弓はその特性を把握しているか否かで火力が大きく変わるので、逆に慣れている方にとっては代え難い魅力を感じるのでしょう。


5位を飾ったのは、『モンハン』を代表する武器のひとつとして知られている「大剣(170票:8.3%)」。無骨で力強いフォルムや、重々しい一撃をモンスターに繰り出す様は惚れ惚れするばかり。力を溜めて繰り出す一撃はダメージも大きく、それでいてガードも可能と防御性能も持ち合わせており、初心者にもお勧めの武器です。それだけに、今回も安定した人気を獲得しています。

上位4種は熾烈な争い! その接戦を制したのは…

◆1位と4位の差はわずか“1.4%”! ひしめきあう激戦の結果は…

惜しくも4位となったのは、「ガンランス(186票:9.1%)」。基本的な攻撃に加え、様々な砲撃系のアクションも魅力的な武器で、その機構にロマンを感じる方も多々。もちろん見た目だけでなく、モンスターの部位に応じての使い分けや、緊急時にはガードが可能など、対応力の広さも魅力的です。


3位に食い込んだのは、遠距離から大ダメージを与える「ヘビィボウガン(200票:9.8%)」。構えている間の機動力はかなり低いものの、高火力の弾を放つ力強さは唯一無二の存在です。腕のいいガンナーは頼りになるだけでなく、その立ち回りも実に見事。紙一重で突進をかわす見切りに惚れ惚れします。


今回、2位となったのは、「スラッシュアックス(205票:10.1%)」でした。斧と剣、2つのモードを状況によって使い分け、臨機応変に立ち回る様は鬼神の如く。容赦のない攻撃でモンスターを追いつめます。ただし防御面は弱いため、攻めすぎるとピンチになることも。立ち回りには要注意です。


そして「チャージアックス(215票:10.5%)」が、栄えある1位に輝きました! こちらも変形機構を備えており、盾と片手剣で戦う「剣モード」と、盾と剣を組み合わせて戦う「斧モード」で、多彩な状況に対応します。剣モード時は防御もでき、ここぞという場面では斧モードで一気呵成。多彩な魅力を持つチャージアックスに惹かれた方が多く、その人気の高さを裏付ける結果となりました。


【関連記事】
・「どの『モンハン』が一番好き? 携帯機編」結果発表─1位は4割超えの票を獲得! 圧倒的支持を得たタイトルは…
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/29/112437.html

・「どの『モンハン』が一番好き? 据え置き機編」結果発表─名シリーズは人気も肉薄! 上位三作の差はわずか“2%”【アンケート】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/28/112413.html

・『モンハン:ワールド』に降り立つが、しかし狩りに出られない!やり甲斐のあるキャラクリや可愛すぎるオトモアイルーのせいで…【プレイ日記】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/29/112419.html

・『モンハン:ワールド』新要素をおさらい―シームレス、導蟲…注目ポイントは?【狩猟編】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/25/112354.html

・『モンハン:ワールド』新要素をおさらい─かまど焼きやマカ錬金でアイテムゲット、一部の武器は“強化の巻き戻し”も可能!【拠点編】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/25/112370.html
(更新日:2018年2月10日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME