top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

逆境に負けない人になる! 困難や失敗からすばやく立ち直る思考術

ママテナ

逆境に負けない人になる! 困難や失敗からすばやく立ち直る思考術(C)ママテナ 強いストレスに対応できる精神力と心理的プロセスを養う方法「レジリエンス」について解説します。

つらいことがあった時に問題なのは「嫌な気持ちを抱くこと」ではなく、それを「長く引きずること」。

嫌な気持ちから抜け出せないでいると、次々とネガティブな考えがわき上がり、うつ状態に陥ることもあります。

レジリエンスを養うには、まずつらい感情を素直に、はっきり認めることが大切です。

つらい時は「私は怒っている」、「すごく悲しい」、「くやしい」などと、その時の気持ちを具体的に口に出しましょう。

自分を理解してくれる誰かに「私、今すごく落ち込んでいるの」と話し、「それは悲しいね」などと共感してもらえると、さらに認めやすくなります。

広告の後にも続きます

つらい感情を認めたら、次はその感情に「底打ち」をします。

あなたが没頭できる「切り替えスイッチ」を使い、それ以上ネガティブな心の沼に落ちていかないよう、自分の心にストップをかけるのです。

切り替えスイッチは人それぞれで、読書やカラオケ、家事、仕事など、どんなことでもOK。

とにかく、余計なことを忘れられることをすればいいのです。

思いつかなければ「体を動かす」、「音楽を聴く」、「深呼吸する」、「気持ちを書き出す」のどれかを試して。

嫌な気持ちが止まります。

次は、立ち直る段階へ進みましょう。

嫌な気持ちになる前のレベルにまで気持ちを高めていきます。

それには「得意なことやできることをして、小さな成功を体験する」、「成功している人の行動や習慣をまねして『自分もできる』と信じる」、「買い物など自分の気分を上がることをする」、「応援してくれる人と話をする」などが有効です。

つらいことが起きたら悲しい感情を認め、切り替えスイッチを押す。

そして立ち直るための行動をとる。

これらをできるだけ早い段階で行うことが大事。

特に切り替えスイッチは、その日のうちにオンを。

続けるうち、心がどんどん強くなっていくはずです。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル