top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東方神起 再会の約束を果たしたドームツアー、東京公演を振り返る

SPICE

東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~
2017.12.20 東京ドーム

2017年12月20日。
東京ドームの客席を染め上げた彼らのイメージカラーである赤は圧巻だった。見事な迄に、ペンライトの赤で真っ赤に染まった客席の景色は、間違いなく、いかに東方神起が求められ、多くの人々がこの日を待ち望んでいたかを物語っていた。

彼らが東京ドームのステージに立ったのは、2015年の全国5大ドームツアーから約2年半ぶりのことだ。ユンホとチャンミンの入隊のため、2015年6月の韓国でのライブ以降は活動休止期間に入り、二人揃った姿を見せていなかった。

日本でも、活動休止前に行なったドームツアーのステージで、二人が語った「必ず、またここで会いましょう」という言葉を胸に、多くのファンたちが再会の瞬間を指折り待ち望んでいたに違いない。


東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~ 2017.12.20 東京ドーム



広告の後にも続きます

そして。2017年11月11日。札幌ドームを皮切りに、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の全国5か所14公演の全国5大ドームツアーで、ついに再会の約束が果たされたのである。

彼らが、3度目の全国5大ドームツアーでもあった再始動ライブのオープニングナンバーとして選んでいたのは、最新シングル曲「Reboot」だった。

12月20日のライブは、当日がリリース日だったこともあってか、オーディエンスの歓声は一際大きかったと感じられた。ユンホとチャンミンは、広いステージの上手と下手に別れ、それぞれの個性でオーディエンスを魅了していった。


東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~ 2017.12.20 東京ドーム




東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~ 2017.12.20 東京ドーム



間髪入れずに届けられていった、暗黒を思わすサウンド感が特徴的な「ANDROID」や、オーディエンスの掛け声が曲中に差し込まれていく熱の高い「Humanoids」で魅せた2人の力強いパフォーマンスと歌声には、確実に2年半前よりも大きくなったと感じさせる存在感が宿っていた。その存在感の大きさは、ダンスやボーカルの実質的な成長はもちろんのこと、彼らが“東方神起という時間”から離れていたこの2年半に得た“自信”という名の精神的な成長を窺い知ることができた瞬間でもあった。一つひとつの堂々とした力強い振りと、深みを増した歌声は、ステージがプロペラ状に回転するといった、最新技術を取り込んだ大掛かりなステージングのインパクトに呑み込まれることなく、しっかりと聴き手を惹き付けた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル