top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

V奪還に向け巨人が宮崎で合同自主トレ【2007年1月26日】

週刊ベースボールONLINE



自主トレとは思えぬ緊張感があった

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は1月26日だ。

 2017年、4位に終わった巨人。Bクラスは2期目の原辰徳監督1年目の06年以来となる。

 ただ、何となくダラダラしている(?)いまの巨人とは違い、あの年はチーム全体に危機感があった。その表れが、2007年1月26日、33選手が集まってスタートした史上初の宮崎での合同自主トレだ。前年も合同自主トレは行ったが、場所はジャイアンツ球場。今回は宮崎とあって全員が宿舎も同じ。寝食をともにすることでより一体感が深まる。

 自主トレには小笠原道大ら新加入選手も参加。小笠原は「キャンプ前にチームメートと会えてよかった」と笑顔を見せた。練習内容は、とにかくハードで朝10時からスタートし、一番遅い選手は宿舎に戻るのが18時近くになった。

「宮崎に来ると、気分的に違います」

 とは現監督で当時の選手会長・高橋由伸。この年、巨人は優勝、以後リーグ3連覇を達成した。もちろん、小笠原ら移籍選手の力も大きかったが、高橋由伸、阿部慎之助ら生え抜きもしっかり存在感を示した時代だ。

 果たして、2018年の巨人はどうなるのか。(初出原稿で07年Vが阪神を大逆転、とあったのは08年の間違いです。お詫びし、訂正します)。

写真=榎本郁也

TOPICS

ランキング

ジャンル